体調が悪い男性のフィギュア風邪をひきにくくするには、食べ物やサプリメントなども大切かもしれませんが、私が実践して有効だった方法などもご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

風邪をひきにくくする簡単な方法

風邪は細菌やウイルスの感染により発症します。感染経路として多く見られるのが、飛沫感染や接触感染などです。

空気感染も否定はできませんが、主な感染経路は飛沫感染と接触感染の2つだと思われます。

飛沫感染というのは、人が話したり、くしゃみをしたりする時に唾液が周囲に飛び散り、唾液に含まれているウイルスや細菌などによりほかの人に感染してしまうことを言います。

接触感染は、感染者が触れたドアノブやボールペン等の品物を第三者が触れたり使用したりすることで第三者の手にウイルスや細菌が付着します。

そして、感染した手で口や鼻や目の周辺を触れることでウイルスなどが体内に侵入し、感染してしまうのです。

特に風邪をひきやすい人は、「接触感染」に注意しなければなりません。

例えば、電車の吊革などにもウイルスや菌が付着していますし、パソコンのキーボードなども同様です。

一度、薬用石鹸などで手をきれいに洗うまでは、手や指で口や鼻の周りに触れないようにしましょう。それだけで、風邪をひくリスクを大幅に減らすことが出来ます。

風邪をひきにくくする食べ物やサプリは?

風邪を引きにくくするには、栄養バランスが大切だと言われています。特に風邪に効果のある食べ物というものはありませんが、

スポンサードリンク

風邪の引き始めに見られる首周りのゾクゾクとした悪寒などがある場合には、「生姜湯」などを飲むと身体が芯から温まり、

風邪の悪化を防いでくれると言われています。

また、サプリメントで風邪に効果があると言われているのが「亜鉛」です。

亜鉛を服用することにより、風邪をひいたとしても回復するまでの時間が短くなると言われています。

また、ビタミンCも風邪に有効です。

ビタミンCを摂取することで、身体の免疫力を高める免疫グロブリンの産生が増加し、風邪に対する免疫力がアップします。

風邪をひきにくくするには引き始めが重要

風邪は重症化すると治るのに時間を要します。

風邪の初期症状というのは、ほとんど風邪を引いているといった自覚がありません。

つまり、症状が軽微なので見過ごしてしまう場合が多いのです。

例えば、喉が通常よりいがらっぽい感じがする。背中が、少しゾクゾクする、など。

今まで風邪を引いた時のことを思い返してみると、「あの症状って風邪の引き始めだったんだな」と感じたことはありませんか?

そういった軽微な初期症状が出ている時点で薬を服用すれば、風邪の本格的な症状が出る前に風邪を治すことが出来るのです。

「この程度の症状で薬なんて・・・」などと思わずに、いつもと違う身体の不具合が見られたら早めに薬を服用しましょう。

私も「おかしいな」と感じたらすかさず薬を服用するようにしています。そのおかげで、最近では風邪の症状がひどくなる前に完治しています。

テレビで「早めの○○○○」といった風邪薬のCMがありますけれども、本当にその通りだと思います。

まとめ

風邪の効果的な予防法と、薬の早めの服用の大切さについて紹介させて頂きました。

風邪をひきやすい方の少しでも参考になればと思います。

スポンサードリンク