眠っている赤ちゃん赤ちゃんのげっぷはなぜ出させる必要があるのか?上手な出し方や何ヶ月まで行う必要があるのかなど、赤ちゃんのげっぷについて調べてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんのげっぷの上手な出し方

出産時に産婦人科の先生や看護師さんなどから赤ちゃんのげっぷの出し方を教えてもらったお母さんも多いと思いますが、赤ちゃんのげっぷの上手な出し方について再度確認したいと思います。

病院などで教える赤ちゃんのげっぷの出し方は、授乳後、赤ちゃんの背中を軽くトントンしてあげましょう。といった内容だったのではないでしょうか?

基本的にはそれで良いのですが、それでも上手にげっぷが出ない赤ちゃんもいると思います。そんな時に試して欲しいやり方をご紹介します。

授乳後、赤ちゃんの首をしっかりと支えた上で縦抱きにします。

そして、お母さんも立った状態で、かかとを上下に上げ下げして、かかとを地面につけるタイミングと同時に、赤ちゃんの背中を軽く叩いてあげるのです。

イメージとしては、赤ちゃんの胃の中にあるミルクを、胃の下の方に押し下げる。といった感じです。

この方法だと、今までなかなかげっぷが出なかった赤ちゃんでもげっぷが出やすくなるかもしれません。

また、赤ちゃんがげっぷをしないまま寝てしまう場合もあると思います。

そんな時は、赤ちゃんの頭を少し高くなるように頭の下にタオルなどを敷いたり、仰向けではなく、首を横にして寝させておくと自然にゲップが出たり、

げっぷしてミルクを戻した場合でも、喉に詰まりにくくなります。

母乳の場合には、哺乳瓶での授乳より赤ちゃんが空気を飲み込みにくいと言われていますが、飲ませ方によっては空気も一緒に飲み込んでしまう赤ちゃんも多いようです。

スポンサードリンク

こういった場合には、助産師さんによると、乳輪ごと口に入る位に深く乳首をくわえさせて、そのまま赤ちゃんの頭をお母さんの胸の方に軽く押しつけるようにして授乳させることで空気も一緒に飲んじゃうことを予防できるようです。

赤ちゃんのげっぷを出させる理由は?

赤ちゃんのげっぷの出し方を説明してきましたが、そもそも、なぜ赤ちゃんにげっぷを出させる必要があるのでしょうか?

実は、出産後の赤ちゃんの胃袋などは未成熟な状態で、成人のような胃の形ではなく、筒のような形をしています。

つまり、簡単にいえば、そのような胃の構造が理由で、げっぷする時に胃の中にあるミルクなども一緒に吐き出してしまうことになるのです。

だから、そうなる前に、お母さんが赤ちゃんを抱っこして、トントンとげっぷ(空気抜き)をさせてあげる必要性があるのです。

ちなみに、赤ちゃんがミルクを飲む時に一緒に飲み込んでしまう空気は、小さな気泡となりミルクと一緒に胃の中に入ります。

しかし、それがげっぷとして出るには、小さないくつかの気泡が合わさってある程度の大きさになる為の時間を要するので、

一度げっぷをしても10~15分程してから再度トントンしてあげることで、ミルクを戻してしまうケースを少なくする事が出来ます。

赤ちゃんのげっぷを出させるのはいつまで?

それでは、赤ちゃんのげっぷ抜きはいつ頃までやらなければいけないのでしょうか?

その目安は、赤ちゃんの首がすわってきて、自分で寝返りが出来るようになることです。

この様な状態まで成長すると、赤ちゃんは体勢をを変えながら自分でげっぷすることが出来る様になるからです。

一般的には、このような状態になるには生後5ヶ月~半年ほどだと言われています。

まとめ

赤ちゃんの中には、げっぷ抜きが上手く出来ずに、ミルクを多く戻してしまう赤ちゃんもいるかもしれません。

しかし、ある産婦人科の先生によれば、ミルクを戻すと言っても全部戻している訳ではなく、ある程度は吸収されているので、

体重が順調に増加していれば問題ないといいます。また、先輩ママさんなどの経験談を参考にして、あまりナーバスにならないように、

赤ちゃんの成長を見守って欲しいと思います。

スポンサードリンク