液晶テレビのイラストテレビの液晶画面は、ブラウン管テレビほどではありませんが、静電気によりホコリが付着したり、子供が手で触ったりして汚れてしまいます。しかし、間違った掃除方法により、液晶画面が見づらくなったりする場合も多いようです。そこで、テレビの液晶画面の正しい掃除方法について調査してみました。

スポンサードリンク

液晶テレビ画面の間違った掃除の仕方とは?

液晶テレビ画面を掃除する場合、意外と間違った方法で掃除をしている人が少なくありません。

結構多く見られるのがハンディーモップなどで液晶画面を拭いてしまうことです。

ハンディーモップといっても色々なタイプのものがあり、一概には言えませんが、中には抗菌剤や吸着剤が含まれているものがあり、それが液晶テレビ画面に付着することにより、画面の明るさが失われたり、液晶画面のコーティング部分をはく離させてしまう場合があります。

液晶テレビ画面の掃除には、基本的にハンディーモップは使用しないようにした方が無難です。

液晶テレビ画面がホコリ汚れの場合の掃除の仕方

テレビの液晶画面を手で触れない生活を送っておられる方の場合、液晶画面の汚れの100%はホコリによる汚れだと思って間違いありません。

この場合には、指紋汚れなどの油汚れの場合より簡単に掃除することが出来ます。

なお、手の脂が布に付着しないように、事前に手を石鹸等で洗っておきます。

最初に、目の細かい柔らかい布(メガネ拭きのようなクロス布)を乾いた状態でホコリを拭き取ります。

拭き取りが終わったら、液晶画面にムラがないかチェックします。

拭きムラや汚れが気になる場合には、布を水でいったん濡らした後、固く絞ってからテレビの液晶画面をやさしく拭き上げます。

布を固く絞る理由は、水分が多く布に残っていると、液晶パネルの隅に水が侵入し、パネル周囲のコネクタ部分が故障してしまうからです。

そういった理由で、タオルは固く絞る必要があるのです。

また、掃除中はこまめに洗面器などで布を洗い、ホコリを布から洗い落とすようにしましょう。(続けて拭いていると、拭きとったホコリが再度付着してしまいます。)

液晶テレビ画面が指紋汚れや油汚れの場合の掃除の仕方

お子さんがいるご家庭で、指紋汚れや油汚れが付着している場合にはどのようにキレイにすれば良いでしょうか?

スポンサードリンク

油汚れはホコリ汚れより落ちにくいので、つい、強力なクリーナーなどを使用しがちです。

しかし、テレビの液晶画面には、光の反射などによる映り込みを抑えたり、映像を見やすくするために特殊でかつデリケートな表面処理が施されています。

ですから、液晶画面を掃除する場合には、水や中性洗剤などを使用し、研磨剤が入ったものや、アルコールなどは使用しないように注意しましょう。

それでは、指紋汚れや油汚れのばあいの液晶画面の掃除の仕方を紹介します。

最初に乾いた布などで画面表面の汚れを軽く拭き取りましょう。

次に、食器洗い洗剤などの中性洗剤を濃度が1%になるように洗面器やバケツなどに水溶液を作ります。(1%の水溶液を作るには、1Lの水に、10mlの中性洗剤を入れます。)

濃度が1%を超えてしまうと、液晶画面に悪影響を及ぼす場合がありますので、濃度が1%を超えないようにします。

また、お子さんが油性マジックなどでいたずら書きした時も、1%の水溶液で数回繰り返して優しく拭き取るようにしましょう。

間違ってもベンジンやシンナーなどは使用してはいけません。

なお、上記で説明したいずれの方法も、メーカー側の説明に基づいた掃除の仕方です。

なお、液晶テレビ専用のクリーナーも販売されていますので、こちらを使用するのもアリだと思います。

まとめ

液晶テレビ画面の表面は、従来のブラウン管テレビよりもデリケートに出来ています。

掃除をする際には、今回紹介した方法を参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク