手の平で空間をつかむイメージ自分のサイトを見ようとしたら通常通り表示されず、「DNSサーバーエラー」と表示され、挙句の果てにgoogleの検索順位も圏外になってしまった。そんな私の経験談をお話しようと思います。

スポンサードリンク

サイトを見ようとしたらDNSサーバーエラーと表示された

月が変わって二日目の日、いつもと同じように自分の運営しているwordpressを見ようとしたら、画面には「DNSサーバーエラー」という文字が表示されました。

私は訳が分からないままサーバー会社へ問い合わせのメールを送りました。

それから2時間ほどするとサーバー会社から返信があり、「WHOIS情報を変更いただいたため、確認メールが再送され、そのメールを認証いただいていないため、停止されているかと思われます。」とのことでした。

つまり、認証メールを見過ごしたまま、期限が過ぎてしまったのが原因でドメインに制限がかかり、サイトが閲覧できなくなったと思われます。

ちなみに使用しているサーバー会社はコアサーバーで、ドメインを取得したのがバリュードメインです。

早速、メールを確認したのですがそれらしいメールはなく、迷惑メールフォルダも定期的に空にしているので探すことは出来ませんでした。

WHOIS情報変更に伴う確認メールとは?

再度、ドメイン会社へ問い合わせをしたところ、やっとメールを確認できなかった理由がわかりました。

バリュードメインやコアサーバーからのメールなら問題ないのですが、今回の送り主は「お名前ドットコム」だったのです。

それで、迷惑メールフォルダに格納され、一応私が確認したとしても「お名前ドットコム」とは取引していないから関係ない!と判断してメールを削除してしまったのでしょう。

詳しいことは分かりませんが、バリュードメインやムームードメインはお名前ドットコムとドメインの関係があるらしく、WHOIS情報に伴う確認はお名前ドットコムが行うようなのです。

ですから、バリュードメインやムームードメインからドメインを取得した方は、お名前ドットコムからのメールが迷惑メールフォルダに格納されないように十分注意しましょう。

私の場合、認証のリンクが貼ってあるメールを削除してしまったので、どうしたら良いのかバリュードメインへ質問してみました。

スポンサードリンク

すると、ドメイン会社へログインしてからマイページへ進み、メルアドを変更すれば新しいメルアドへ認証リンクの付いたメールが届くのでそのようにしてくださいとのことでした。

なお、メルアドは設定後に元のメルアドへ戻せますので安心して下さい。

私は言われたとおりにすると、メルアド変更のメールと新しいメルアドへメルアド認証のリンクの貼ってあるメールが届きました。

そして、そのリンクをクリックして5分ほどするとようやくサイトが無地表示されたのです。しかし、安心したのもつかの間、衝撃な出来事が待ち構えていたのです。

サイトの記事が全部圏外へ飛んでしまった!

サイトが表示され一安心。しかし、次の日の朝、アクセス解析を見るとアクセスが激減していることを確認。

自分の記事を検索してみると、なんと殆どの記事が圏外へ飛んでいたのです。

私がサイト復旧に2日間ほど手間取っていたのが原因かもしれません。

確かに、googleとしても検索者がタイトルをクリックしたのに「DNSサーバーエラー」と表示されるサイトを検索の上位に置いておくはずがありません。

私は青くなり、何とか回復する方法がないかとネットで調べたところ、いろいろな情報を手にすることが出来ました。

Google Search Consoleといったサービスが有り、これでサイトマップや個別記事をgoogleにインデックス送信を送ることが出来ます。

実際に私と同様にメール認証をうっかり忘れた方がGoogle Search ConsoleのFetch as Googleという機能を使って、順位を回復したという体験談もありましたので、早速私も試してみたところ、24時間ほどでアクセスが元に戻ったのです。

また、ペナルティとは異なり、今回のようにサイトが閲覧できなくなった場合には、圏外へ飛ばされるといった考えよりも、google側が訪問者のためにアクセス出来ない記事に対して一時マスク処理(隠して)しておき、

サーバー障害などが解消すれば再度検索結果へ掲載すると考える人も少なくないようです。

つまり、訪問者目線ということなのでしょう。

まとめ

しかし、今回はどうなるのかと思いました。

アドバイスをくれた人からは、記事はインデックスされているし、圏外へ飛ばされた後もキャッシュされている記事があるから大丈夫でしょう。と励まされましたが、内心はドキドキでした。

皆様の中で、バリュードメインやムームードメインからドメインを取得した人がもしおられましたら、お名前ドットコムもメールのセーフリストへ入れておく事を強くお薦めします。

何事も転ばぬ先の杖ですからね。

スポンサードリンク