スマホを操作している様子私は5年ほど前にガラケーからスマホ(iPhone)へ機種変更しました。我が家は4人家族で4人共スマホを使用しています。

しかし月額料金が3万円を超えるので何とか安く出来ないか考え、楽天モバイルに変えた経緯をお話しようと思います。

スポンサードリンク

スマホの月額料金を安く出来ないかソフトバンクへ相談

家族の持っているスマホ4台は全部ソフトバンクのiPhoneで、契約者は世帯主の私です。

月額料金が一人平均8,000円ほどで4人分だと月額が30,000円~36,000円とバカにならない金額になっていました。

これじゃいけないと考え、まず最初にiPhoneを契約しているソフトバンクに出向いて、何とか安く出来ないのか相談してみました。

相談してみると私の妻の通話料が多いようで、かけ放題のオプションを選択すれば良いのでは?といったことを言われました。

また、4人全員が端末保証のオプションに加入していたのですが、端末保証のオプションは一人月額500円程度とられますので、4人ですと二千円ちょっとの出費になります。

考えてみるとソフトバンクのiPhoneの端末保証は1度利用したことがあったのですが、複雑であまりお得感を感じていなかったので取りあえず廃止することにしました。

また、その他安く出来る方法は無いのかソフトバンクの店員へ聞いたところ、自宅の光ケーブルをソフトバンクに変えれば1年間の間、iPhone1台につき月額1,500円ほど安くなると言われました。

しかし、光ケーブルは最近NTTから他へ変えたばかりでしたし、1年間といった限定期間というのは余りお得感は感じませんでした。

とりあえず、当日私が行った手続きは妻のiPhoneのオプションに話し放題を加え、家族4人分の端末保証の廃止といった程度でした。

しかし、私としては金額的にまだまだ満足の行くものではなく、ライバル会社であるauへ行って話を聞いてみることにしたのです。

乗り換えでiPhoneの月額料金が安くならないかauへ相談

スマホを他社から乗換えすると優待プランがあってお得感が大きいと言われているようなので、もしお得になるのなら乗り換えしようと思い、ソフトバンクを出た足でそのままライバル会社のauへ行ってみました。

しかし、店員から聞いたところ家族4人で乗り換えたとしても、iPhoneおよびアンドロイドのスマホであっても月額料金はソフトバンクと同程度だと言うのです。

これは私にとって意外な答えでした。これじゃドコモに行っても同様だと思い、とりあえず家に帰ることにしたのです。

格安スマホの楽天モバイルと契約

家に帰ってからネットで色々と調べたところ、楽天モバイルという格安スマホサービスが目にとまりました。

Yモバイルといった会社もあったのですが、こちらの会社はソフトバンクの回線を利用しているということでした。

私達家族は以前からソフトバンクの回線に対して若干の不満を持っていたので、ドコモ回線を利用している楽天モバイルのスマホにすることにしたのです。

スポンサードリンク

スマホ機種は今まで通りアイフォンを使用するとどうしても料金が高くなるようだったので、楽天モバイルが扱っているアンドロイド機種に変更することにしました。

もちろん、楽天モバイルに変えた理由はそれだけではなく、スマホ本体が安くて性能も納得できるものがあったし、月額料金も格安だったからです。

ちなみに私が購入したスマホはP9liteというもので、価格は29,800円で月額料金とコミコミでも今までの使用料より大分安くなりました。

具体的にはコミコミ価格で1台月額使用料が4,000円程度です。

今までの利用料と比較すればおよそ半額近くになります。スマホの乗り換えは一時的に解約手数料や事務手数料など出費がかさみますが、高い月額使用料を払い続けているよりは精神衛生上ずっと良いと思います。

ソフトバンクのiPhone解約(MNP)時に感じたこと

従来の電話番号を新しいスマホに引き継ぐには携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の手続きを行う必要があります。

やり方としては、今までの電話会社のMNPの窓口に電話をして手続きを行うわけですが、この過程で体験したことをお話します。

ソフトバンクのMNPの窓口に電話をして、担当オペレーターに他社に乗り換える旨を話し、MNPの予約番号を貰うわけです。ちなみにMNPの予約番号はショートメールで送られてきます。

しかし、実際に手続きしようとすると、ソフトバンクのオペレーターはソフトバンクに留まることを嘆願してきます。

私が驚いたのが、ソフトバンクを今まで通り使用して頂ければ、今後一年間端末一台につき1,000円割り引きます。と言われたことでした。

先日、ソフトバンクの販売店でもっと安くならないのか?と言ってもソフトバンク側で出してこない条件でしたから。

しかし、1年間という期間限定条件でしたし、それよりも楽天モバイルに変えたほうがずっと安くなるのでお断りしました。

すると今度は、ソフトバンクの子会社であるYモバイルの料金を格安にするからYモバイルにしてもらえないか?と言ってきたのです。

ソフトバンクには脱退を防ぐために、このような二段論法マニュアルがあるのかもしれません。

しかし、私は楽天モバイルでポイントが溜まり、それを楽天トラベルで利用する予定でしたので、ソフトバンク側の申し出を断ったのです。

30分ほどしてようやくソフトバンク側も諦めたのか、やっとMNPの予約番号を貰うことが出来たのです。

これから手続きをする方は、最初に「5分程度しか時間がない!」などと理由を言って、MNPの予約番号を速攻で貰うようにしたほうが良いと思います。

最後に

最近では格安スマホの人気が高まり、それに伴い様々なサービスを細かく選べるようになってきました。

サービス会社を変更する際には色々と手続きをしなくてはいけないし、違約金などの予想外の出費もあります。

しかし、そういったことをしっかりとやっておけば年間支払額も大分減らせますから、結果としては大変お得になるはずです。(私の家族の場合でも年間十数万円浮く計算です)

実際に使用して数ヶ月ほど経ちますが、家族4人共大変満足して使用しています。

家計の負担を少しでも減らしたいならば、スマホ契約の見直しは必須だと思います。

スポンサードリンク