ヤクルト便秘解消のためにヤクルトを飲んでいる人は多いと思われます。しかし、毎日ヤクルトを飲んでいても、便秘の改善が今ひとつ見られないといった人もいるかもしれません。今回は、ヤクルトの効果的な飲み方やシロタ株について触れたいと思います。

スポンサードリンク

ヤクルトの効果は下痢や便秘にも期待できる?

最近では『腸内フローラ』といった言葉を多く耳にします。

私達の体の小腸から大腸にかけて、多くの様々な菌が種類ごとにグループを形成して、腸内に生息しています。

それらを顕微鏡で、見てみると、植物が群生している「お花畑(flora)」に見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになったのです。

腸内フローラに生息する善玉菌は、免疫力などを強くする働きを持ち、体調維持に深く関わっているとされています。

特に、便秘や下痢の改善には、腸内フローラ内の善玉菌の力が必要だと言われています。

ヤクルトに含まれる乳酸菌のシロタ株は、胃の中の酸などにより死滅せず、生きたまま腸(小腸)へたどり着きます。

そして、小腸内で乳酸を作り、有害物質を作る悪玉菌の増殖を抑制し、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化します。これにより、大便の水分含有量が正常化し、排便回数も改善されるようになります。

しかしながら、ヤクルトの摂取だけでは便秘や下痢の改善が見られない場合もあります。そういった場合にはどの様に対処したら良いのでしょうか?

ところで、腸には小腸と大腸があります。

小腸は胃から入ってきた食物の栄養分の消化と吸収を行う場所です。そして、次に大腸で水分を調整して便を作ります。ヤクルトに含まれているシロタ株は主に小腸で働きます。

これに対して、ビフィズス菌は主に大腸で働きます。

ですから、便秘や下痢などがなかなか改善しない場合には、シロタ株とビフィズス菌を両方摂取して、小腸と大腸へ乳酸菌を送り込んだほうが効果が期待出来るのです。

ヤクルトの効果的な飲み方と飲む時間や期間や注意点とは?

ヤクルトに含まれている乳酸菌シロタ株は胃酸に強い乳酸菌ですが、シロタ株を効果的に小腸へ送り込むには、胃酸が少ない時に摂取した方が望ましいのです。

胃酸のような乳酸菌に対しての攻撃因子が少ないほうがシロタ株を摂取する上で効率的です。

効果的な飲み方としては、食前(pH1~2)より食後(pH3~4)のほうが胃の中の胃酸は薄くなるので、ヤクルトは食後に摂取したほうが良いと思われます。

スポンサードリンク

その証拠に、乳酸菌製剤のビオフェルミンの使用上の注意には『食後に服用すること』と記載されています。

このようなことから、ヨーグルトなどの乳酸菌食品は食後に摂取した方が良いのです。

ところで、ヤクルトを飲むことで、シロタ株が腸の中でどれくらいの期間生存し続けるのでしょうか?乳酸菌シロタ株を飲み始めると、早い人で飲んだ翌日には便の中に生きたシロタ株が確認できます。

また、毎日続けて服用することにより、腸内の菌の数が一定に保たれる事が判明しており、体調の維持に役立ちます。

しかし、ヤクルトに含まれているシロタ株は、腸の中に定着しないので、飲むのを止めてしまうと一週間ほどで腸内から無くなってしまいます。

ですから、ヤクルトは毎日飲み続けることが大切なのです。

また、風邪や病気で抗生物質を服用する場合には注意が必要です。

抗生物質は黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの風邪の二次感染の原因になる細菌を死滅させますが、同時にシロタ株やビフィズス菌などの乳酸菌をも殺してしまいます。

ですから、抗生物質などを服用する際には、抗生物質を飲む2~3時間前後に服用するようにすれば、完全とまではいかなくとも、少しは抗生物質の影響を避けられるでしょう。

ヤクルトのシロタ株は癌に効果がある?

ヤクルトのシロタ株はCMのせいもあって有名です。

そのため、「カゼイ菌=シロタ株」と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかしながら、シロタ株はカゼイ菌の中の一つに過ぎません。カゼイ菌はシロタ株以外にも、『NY1301』、『BC90株』、『K-1株』などあるのです。

特に、シロタ株は歴史も長く、数多くの効果が認められています。

また、シロタ株には抗変異原性があり、食べ物由来の変異原性を低減させる効果があります。

変異原(へんいげん)とは、生物の遺伝情報(DNAなど)に変化をひき起こす作用を有する物質または物理的作用(放射線など)をいいます。

『変異原性』イコール『発がん性』ではありませんが、変異原性と発がん性の関連性は90%~70%と言われています。

食べ物由来の変異原性の低減を期待できるということは、食べ物に起因する発がん性リスクを抑えられることを意味します。

つまり、抗変異原性があるシロタ株を飲み続けることで、食べ物由来による発がんリスクを抑える効果が期待できると推測できます。

まとめ

最近、腸内フローラを整えることで、様々な病気に対して免疫力が高まることが分かってきました。

乳酸菌も菌の種類によって、小腸で働くものや大腸で活躍するもの様々あります。

そういった乳酸菌を効率的に摂取することは、体調維持に非常に役立ちます。

風邪を引きやすい人や花粉症などで悩まれている方も、ご自分の腸内フローラを健全な状態にしてみる価値はあると思います。

もしかしたら、驚くべき効果を実感できるかもしれません。

スポンサードリンク