奄美大島の鶏飯郷土料理百選にも選ばれた鹿児島奄美大島のグルメレシピである鶏飯(けいはん)は、江戸時代に薩摩藩のもてなし料理として誕生した鹿児島県の郷土料理です。クックパッドで紹介されているような鶏飯のアレンジレシピではなく、鹿児島県の奄美大島地方で昔から伝わる伝統的な作り方を紹介します。

スポンサードリンク

鹿児島奄美大島の鶏飯(けいはん)の材料

【材料】4人分

・お米・・・320g

・鶏ガラ・・1羽分
・水・・・・800cc
・鳥のささ身・・・70g
・生姜の千切り・・・適宜
・生卵・・・2個
・乾燥シイタケ・・・10g
・乾燥シイタケの戻し汁・・・80cc
・ネギの青い部分・・・20g
・いんげん・・・80g
・塩・・・適宜
・パパイヤの味噌漬けのみじん切り・・・40g
・焼き海苔の千切り・・・適宜
・ミカンの皮・・・適宜

(ア)
・塩・・・適宜
・日本酒・・・大さじ半分
・みりん・・大さじ半分
・薄口しょうゆ・・・大さじ1杯

(イ)
・みりん・・・小さじ1杯
・薄口しょうゆ・・・大さじ半分

スポンサードリンク

(ウ)
・白砂糖・・・適宜
・塩・・・・・適宜

鹿児島奄美大島の鶏飯(けいはん)の作り方

①水800mlを鍋に入れて、そこへ丁寧に洗った鶏ガラとしょうがを適宜入れて火にかける。

②鶏ガラから出るアクを取りながら弱火で1時間程度煮て、最後に鶏のささ身を追加して5分ほど煮て火を止める。

③鶏のささ身は取り出して細かく手で割く。鶏ガラでとったダシは目の細かいザルなどでこしてから、(ア)をプラスしておく。

④乾燥シイタケを戻したら、千切りにし、乾燥シイタケの戻し汁に入れて弱火で火にかけて3分ほど煮ておく。

⑤(ウ)と生卵2個をよく混ぜてからフライパンで薄く伸ばして焼き、錦糸卵を作っておく。

⑥いんげんは塩を入れたお湯で茹で、細く千切りにしておく。

⑦鶏のささ身、いんげん、錦糸卵、しいたけ、パパイヤの味噌漬け、ねぎ、ミカンの皮、焼き海苔を見た目よく皿に盛り付けておく。

⑧ご飯を茶碗に盛り、その上に⑦の具材を載せてから③の熱々のスープをかけて出来上がりです。

まとめ

鹿児島奄美大島の鶏飯はお茶漬けのような感覚でさらっと食べれる料理です。

夏バテで食欲が減退してしまう時期でも、ついついお替わりしてしまう美味しさです。

まだ、食べたことのない方は、是非一度、鹿児島県の郷土料理である鶏飯を今回紹介した本格調理法で召し上がってみては如何でしょうか?

意外とハマるかもしれません。

スポンサードリンク