私達が毎日使用する水道水について皆さんは詳しく調べたことがありますでしょうか?水道水は川や沼や湖から水を取水したものを浄化してから各家庭に供給されていることは皆さんご承知のことだと思います。

その過程で水道水の審査基準に合格するように不純物質や有害物質などの含有率を規定以下になるまで浄化されます。

スポンサードリンク

その合格基準は厳しく、人気の高いミネラルウォーターの合格基準よりも厳しいのです。

それでは水道水は100%安全かというとそう言い切れないところもあるようです。

水道水のもとになっている川や湖の水には植物などのが腐敗して分解されるときに発生する腐植質、そして家庭排水などに多く含まれている有機物質などが含まれています。

水道水を作るために浄化を行うために塩素により浄化処理を行うことにより塩素と腐植質や有機物質が反応してトリハロメタンという成分が出来ます。

このトリハロメタンという成分は発がん性の心配があると言われています。水道水に入っているトリハロメタンの濃度は水質基準値以下であり長期にわたって飲用していても安全性に問題は無いと言われています。

しかし、濃度は薄いと言っても発がん性物質に変わりはありません。

スポンサードリンク

特に赤ちゃんや小さいお子さんがいるお母さんは心配になられるのではないでしょうか?でも水道水からトリハロメタンを除去できる方法があります。

一番簡単な方法は水道水を15分ほど煮沸すれば良いのです。そうすることで水道水に含まれるトリハロメタンが揮発して無くなります。

ここで注意が必要なのですが中途半端な煮沸だとトリハロメタンの濃度がかえって高くなってしまうので要注意です。一番トリハロメタンの濃度が高くなるのは煮沸してから5分~10分ほどと言われていますので時間だけはぴったりとタイマーなどでキッチリ計って15分は煮沸するようにしましょう。

もうひとつのトリハロメタンの除去方法は電器店で販売している家庭用浄水器を使用する方法です。ただし、製品によってトリハロメタンの除去能力が無い製品も見受けられるので店員さんに聞くか、事前にインターネットなどで調べてから購入するのがお薦めです。

ちなみに私が使用している家庭用浄水器のフィルター(ろ過器)は一般家庭の水道使用量でトリハロメタンを6ヶ月間100%除去。塩素(カルキ)は1年間除去出来るようです。私が購入した製品は結構昔のものですから新商品はもっと浄水能力が高まっているのではないでしょうか?

スポンサードリンク