陶器に入っている甘酒甘酒は栄養価が高く、人気のある飲料です。しかし、市販されている安いものだと正直言ってあまり美味しくはありませんし、含まれている栄養分も足りないように感じます。そこで、簡単な作り方で、かつ、米麹と炊飯器を利用した方法をご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

甘酒の作り方は米麹と炊飯器で簡単に!

甘酒を米麹と炊飯器で作る材料と道具

【材料】
・白米(もち米がオススメですが普通のお米でも大丈夫)・・・2合
・米麹・・・甘めの甘酒がお好みなら500g。通常は300g~400gほどで良い。

【必要な道具】
・温度計
・タオルやフキンなど
・炊飯器(最低でも5.5合炊き以上のものが望ましい。温度を一定にして糖化を最適に促進させる必要があるため。)
※糖化とは簡単に言えば、でんぷん質が酵素の働きによって糖分に変化することを言います。つまり、糖化するということは、甘酒の甘みが増すということです。

【米麹と炊飯器を使った甘酒の作り方】

①最初に、2合(300g)の米をよく研ぎます。よく研いだら、1合多めの水の3合の水でお米を柔らかめに炊きます。

②ご飯が炊けたら、一旦ボールなど大きめの容器にご飯を移してから飯切り(ご飯を切るようにして、余分な水分を取り去る)して、ご飯の温度を温度計を見ながら70℃位までに下げます。

ご飯の温度が70℃程度になったら米麹を入れて混ぜ合わせます。米麹の量は、甘めの甘酒がお好みなら500g。通常は300g~400gほどで良いOKです。

最初は400g程度から初めてみるのが良いかもしれません。

ご飯と米麹を混ぜ合わせたら、炊飯器へ戻します。ご飯と米麹を混ぜ合わせた温度は60℃以下になるように注意します。

③ご飯と米麹を混ぜ合わせたものを炊飯器へ入れたら、60℃程度のお湯を1200ml入れてご飯の固まりが無くなるように混ぜ合わせます。

この際、55℃~60℃の範囲内になるように温度計を見ながらコントロールすることが大事です。熱ければ水を、低すぎればお湯を入れるなどして温度調整して下さい。

スポンサードリンク

決して60℃を超えないようにすることが甘酒をおいしく作るコツです。

食材の中にある酵素は70℃付近まで壊れないと言われていますが、60℃をひとつの目安として温度管理をすることが甘酒をおいしく作るコツです。

④60℃の温度を保ったまま炊飯器の保温スイッチをONにします。そしてフタを開けたまま上からフキンなどをかぶせ糖化を促進させます。

この工程は非常に重要です。1時間ごとに炊飯器内をかき混ぜながら温度を測るようにし、温度を54℃~58℃程度になるようにして糖化が順調に進むようにします。

⑤フキンをかぶせてから5時間ほどすれば酵素が生きたままの甘い甘酒の完成です。

市販されている甘酒の多くはこの時点で加熱処理され、酵素は壊れた状態になっていますが、自分で作ることで、生きたままの酵素がたっぷり入っている甘酒を頂くことが出来ます。

酵素が生きているということは常温では日持ちはしないので、残った甘酒はジップロック等に分けて冷凍保存しておきましょう。

そして、解凍する際に電子レンジなどは使用せず、流水などで自然解凍して頂くようにするのが品質保持の上でもお薦めです。

こんな記事も書いてます!
甘酒にアルコールは入ってる?度数や飛ばし方~運転や妊娠中は危険?
ケンタッキーフライドチキンの温め方は電子レンジだけじゃダメ!
すき焼きの具材の定番と変わり種で美味しいのは?入れる順番はある?
鹿児島奄美大島グルメ鶏飯の作り方~美味しさ倍増の本場のレシピ
もつ鍋の生モツ(生ホルモン)の臭みや汚れを取る下処理方法のご紹介

まとめ

如何でしたでしょうか?ご飯が炊けてから5時間ほどで自家製甘酒を作ることが出来ます。

甘酒には様々な栄養分が含まれていますが、上記のレシピで作ればさらに酵素が生きたままのおいしい甘酒を頂くことができます。

甘酒は様々な栄養分を豊富に含む健康飲料ですので、ご家族のため、または御自身のため定期的に飲むようにすれば体調維持に役立つかもしれません。

スポンサードリンク