殺虫スプレーと虫のイラストシバンムシは数ミリの小さな虫で、乾燥した食品を初めとしてほとんどの食物を食べる虫です。

人間には直接危害を加えるようなことはありませんが、畳の上や台所などでシバンムシを目の当たりにするのは余り気持ちの良いものではありません。

そこで、シバンムシの発生源の特定方法および駆除方法などをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

シバンムシの発生源がわからない場合の対策法

シバンムシの発生源が分からない場合、シバンムシの食料となる食品などが置いてある場所をまず探してみましょう。

シバンムシの発生源として考えられるのは、「小麦粉」、「パン粉」、「乾麺」、「ビスケット」、「クッキー」、「ペット用のエサ」、「乾燥昆布」、「かつお節」、「ドライフラワー」、「枯れたままの植物」、「畳」、「カーペット」、「木材」、「和紙製の本」などです。

また、意外なものとして植物由来の「緩衝材」があります。

これは、電気製品などを保護するために箱の中に入っていて一見、発泡スチロールと見分けのつかないものです。

原料はコーンスターチ(トウモロコシのでん粉)やふすま(小麦粉を精製する際に処分されるもの)などですので、シバンムシにとっては格好の食べ物です。いずれにせよ、発生源が分からない場合には、上記に挙げたものが置いてある場所を念入りに調査してみましょう。

それでもシバンムシの発生源が特定できない場合

上記のやり方でシバンムシの発生源を探してみても見つからない場合はトラップ(罠)を仕掛けて場所を特定します。

シバンムシは世界で2000種類以上存在しますが、日本で見られるのは、「ジンサンシバンムシ」と「タバコシバンムシ」の2種類のいずれかがほとんどです。

ジンサンシバンムシは、乾燥させた薬用にんじん(人参)に害を与えることから「ジンサン」といった名前が付けられました。

また、タバコシバンムシは葉タバコの害虫で、畳などを住み家にしている場合が多いといわれています。

見分け方は比較的簡単で、虫眼鏡やルーペなどでシバンムシの触角を見てみれば分かります。
ジンサンシバンムシとタバコシバンムシの違い
写真のように触角の先端にある3つのギザギザだけが大きいのがジンサンシバンムシです。また、触角についているギザギザが小さくて平均的な大きさならタバコシバンムシということになります。

トラップを仕掛ける場合、ジンサンシバンムシかタバコシバンムシかによってトラップが異なるので、シバンムシの種類を最初に調べる必要があります。

>>ジンサンシバンムシ用のフェロモントラップはこちら!<<
>>タバコシバンムシ用トラップはこちら!<<

なお、フェロモントラップを使用する場合、注意して頂きたいことがあります。トラップを設置している間、トラップがある部屋の窓は閉めておくようにしましょう。

窓を開けたままですと、トラップのフェロモンが家の外にいるシバンムシを呼び寄せてしまうことになりかねません。

スポンサードリンク

シバンムシトラップの使用方法

トラップの使用方法としては、疑わしいと思われる部屋にトラップを1個ずつ設置しておきます。

そして、捕獲された匹数を毎日メモしておきます。

シバンムシはエサを求めて動き回るので、最初はいろいろな部屋で見つかると思いますが、発生源が1箇所である場合、ある特定の場所に設置したトラップのみ捕獲数が増えていくはずです。

その捕獲数が増えた部屋が発生源と考えられますので、徹底的に調べればシバンムシの発生源が特定できるはずです。

シバンムシの駆除方法はバルサンが良いの?

一番効果的なシバンムシの駆除方法は、発生源を特定してそれを除去することです。

発生源を特定できていないのにむやみにバルサンなどを焚いても周辺にいるシバンムシを死滅させるだけで発生源の奥に潜むシバンムシにはほとんど効果はありません。

トラップなどで発生源であろうと思われる部屋を特定したなら、家具の裏側や畳にシバンムシが侵入した穴がないかなど徹底的に調べるようにします。
シバンムシが開けた畳の穴
シバンムシが畳に侵入する際には、写真のような丸い穴を開けるのが特徴です。

シバンムシ自体は直接人間に対して危害を加える様なことはありませんが、シバンムシの幼虫には「シバンムシアリガタバチ」という体長2~3ミリのハチが寄生します。
シバンムシアリガタバチ
シバンムシアリガタバチの雌は人を刺します。刺されるとかゆみや腫れの症状がでるので、アリガタバチから刺されないためにもシバンムシは駆除しておく必要があるのです。

ですから、発生源を特定できないまま、むやみにバルサンなどの殺虫剤を使用しても余り意味が無いのです。

シバンムシが畳に住み着いていた場合の駆除方法

もし発生源が畳の場合、どの様にして駆除すれば良いのでしょうか?

畳表面にいるシバンムシやアリガタバチは市販されている普通の殺虫剤のスプレーで駆除できます。写真のような丸い穴が畳に空いていた場合、内部に生息していると考えられます。

その場合、シバンムシやアリガタバチの卵などが産み付けられていることも想定されますので、専門業者などに依頼して加熱処理をすることをお薦めします。

畳に刺して使用する殺虫剤がありますが、あれは、成虫に対しては効果が期待できますが、卵に対しては効果がありません。

したがって、畳内部にシバンムシの巣がある場合には加熱処理するか、新しい畳に買い替えたほうが無難です。

また、買い換える場合には、天然素材の畳ではなく、シバンムシの餌とならない合成素材で作られた畳がお薦めです。

こんな記事も書いてます!
NHKの受信料を払わなくていい条件とは?法律に沿って考えてみた
赤ちゃんの虫刺されにステロイド軟膏を使っても大丈夫?副作用は?
風邪をひきにくくするにはどういった方法があるでしょうか?
カップラーメンを最強に美味しくする10分どん兵衛調理法とは?
糖質制限ダイエットの仕組みとは?危険性は?安全なやり方とは?

まとめ

シバンムシ自体、直接人間に害を与えることはありませんが、シバンムシに寄生するアリガタバチに刺されるとハレや痒みなどのアレルギー症状が起こります。

特に小さなお子さんがいるご家庭では心配です。もし、シバンムシを見つけたなら、早めに発生源を見つけて除去するように心掛けたいものです。

スポンサードリンク