鼻をかむ女の子

ヨーグルトを摂取したことで花粉症の症状が軽くなったといった話を耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

花粉症とヨーグルトとの関係を調べている過程で、いろいろな事実が見えてきました。今回は花粉症にヨーグルトは効果があるのか?といった疑問にお答えしたいと思います。

スポンサードリンク

花粉症にヨーグルトは効果があるのか?

花粉症と腸内環境との関係

花粉症にヨーグルトは効果があるといった話を聞きますが、それは本当でしょうか?

それを知るには、花粉症とヨーグルトがどのように関係しているのかをまず知る必要があります。

実は、花粉症などのアレルギー症状は人間の腸内環境と密接な関係があります。

私たちの腸内には善玉菌や悪玉菌など様々な菌が棲みついています。

その中でも善玉菌として知られている乳酸菌は、実に多くの種類があり、数種類の乳酸菌が混じり合って棲みついています。

そして、そのような乳酸菌や悪玉菌など腸内細菌の集合体を腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼びます。

別の呼び方では「腸内フローラ」とも呼ばれます。

そして、この腸内フローラは人間ひとりひとり違うのです。

これはどういったことかと言いますと、生まれて直ぐの赤ちゃんには腸内細菌は存在していないのですが、食生活や生活環境などにより、その人特有の腸内フローラが徐々に形成されていくのです。

この腸内フローラのバランスが崩れると、花粉症などのアレルギー症状が起こる原因になります。

腸内フローラのアンバランスが花粉症になる原因のひとつとは?

それでは、腸内細菌のバランスが崩れると花粉症になるメカニズムを説明します。

花粉症などのアレルギー症状というのは、本来は自分の体を守ってくれる免疫システムが、反応しなくとも良い花粉などに過剰に反応することで起こる症状です。

からだの免疫システムであるリンパ球(白血球など)が一番多く活動している場所は小腸内にあるバイエル板と言われるリンパ組織です。

腸内フローラに悪玉菌が増えることにより、バイエル板のリンパ組織に悪影響を及ぼし免疫システムに異常が発生してしまう場合があります。

つまり、腸内フローラのバランスが崩れる⇒バイエル板のリンパ組織に悪影響⇒免疫システムの異常。ということが考えられる訳です。

また、私たちの体のアレルギー反応(くしゃみ、鼻水、目の充血)は IgE抗体というものが肥満細胞と結合することで起こります。

IgE抗体は一般人の場合、血中濃度が170IU/mlより低いのですが、アレルギー症状がひどい人の血中濃度は3,000IU/mlをも軽く超えるといわれています。

今まではIgEを少なくする手段はありませんでしたが、最近になって腸内細菌のバランスを整えると、小腸内にあるバイエル板にあるリンパ球の働きが正常になり、それによりIgE抗体の値が下がることがわかってきました。

花粉症にヨーグルトは効果があるか?

このようなことから、乳酸菌を含むヨーグルトを食べ続ける事は、花粉症に効果があるように思えますが、どうなのでしょうか?

スポンサードリンク

先ほども説明したとおり、腸内フローラは人それぞれ異なります。

ヨーグルトを食べたとしても、ほとんどの乳酸菌は胃酸で死滅してしまいます。

最近では胃酸に負けない乳酸菌が含まれるヨーグルトも販売されていますが、自分の腸内フローラと相性が良くない乳酸菌だと、腸までたどり着いたとしても、そこで長く棲み続ける事が出来ず、短時間で便と一緒に排出されてしまうことになります。

ヨーグルトを摂取することで花粉症の症状が改善する人もいれば、あまり効果がみられない人もいる理由は、ヨーグルトに含まれている乳酸菌と自分の腸内細菌との相性によるものなのかもしれません。

そういったことから、ヨーグルトをある程度食べ続けてみても、花粉症の症状に改善が見られない場合には、摂取しているヨーグルトの乳酸菌とお腹の中の善玉菌との相性が良くないとも考えられます。

より確実に腸内フローラを正常化させたいならば、幼少期の頃から自分の腸内に棲んでいる善玉菌を育ててあげることがお薦めです。

最近では自分の腸内細菌の中の善玉菌の増殖を助けるアルベックスといったサプリメントも医科向け専用で販売されているので、医療機関で試してみるのもひとつの方法です。

花粉症に効果が高いおすすめの乳酸菌は?

ヨーグルトを食べる場合、花粉症に効果の高い乳酸菌が配合されているものを選びたいものですが、どういった乳酸菌がおすすめなのでしょうか?

最近、花粉症対策に有効だと注目されているのが「L-92乳酸菌」というものです。

スギ花粉が飛散しているシーズン中に6週間にわたり L-92乳酸菌を摂取してもらい実験を行ったところ、眼の症状が改善し、医薬品の使用頻度も減ったというのです。
花粉症の実験データ
また、花粉曝露試験施設といった天候などに左右されない花粉の実験施設内での実験によれば、眼や鼻の症状いずれとも改善傾向が見られたといいます。

さらにL-92乳酸菌を摂取することで、花粉症だけではなくアトピー性皮膚炎のかゆみや皮膚症状にも改善がみられたといいます。

以上のようなことから、花粉症で悩まれている方は、L-92乳酸菌配合のヨーグルトを試してみる価値があるのではないでしょうか?


こんな記事も書いてます!
花粉症で鼻づまりがひどくて味がしない時の裏ワザをご紹介♪
花粉症の注射の値段や接種時期は?病院はどこで診てくれるの?
花粉症の薬の眠気ランキング副作用の少ないものと対策とは?

まとめ

最近では免疫力と腸内細菌との関係が明らかになってきています。

腸内フローラを整えることで、いろいろな病気にかかりにくくなることが分かってきました。

腸内バランスを整えるにはヨーグルトだけじゃなく他の食べ物も大切です。好き嫌いのないバランスの良い食事を毎日摂りたいものです。

スポンサードリンク