履歴書とペンとパソコン

履歴書を作成する場合、手書きかパソコンで作成するか悩まれておられる方は多いと思います。

履歴書は手書きが基本とする考え方がある一方、パソコンで作成しても何ら問題がないと考える人事担当者もおられます。

どちらが良いのかは、あなたのこれから応募しようとする会社の歴史や業種などを考慮する必要があります。

今回は履歴書を書く場合に手書きかパソコンのどっちが良いのか?ケースバイケースで考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

履歴書は手書きとパソコンのどっちがおすすめ?

履歴書を作成する場合に、手書きが良いのか?パソコンで作成する方が良いのか?を考える前に、履歴書について基本的なことを知っておく必要があります。

履歴書というのは、自分自身を企業側に知って頂く為のあなたの「代理人」です。

ほとんどの企業では、面接より先に書類選考があるはずです。そこで、あなた自身の代わりに、あなたのことをPRしてくれるのが「履歴書」なのです。

ですから、履歴書を作成する場合には相手に気持ちを込めて、手書きで丁寧に書くのが基本と捉えていいでしょう。

しかしながら、最近ではWEB応募やパソコンで作成するのを指定してくる企業があったりしますので、一概にどちらが良いとは簡単には判断できません。

履歴書を手書きかパソコンにするかは応募する会社の業種や社風を考慮する

履歴書を手書きで書くのか?パソコンで作成したものが良いのか?を判断するには、応募する会社の業種や社風などから、どちらが良いのか判断するようにします。

例えば、歴史のある会社で、伝統を重んじるような社風がある会社の場合と作業効率を最優先するベンチャー企業とでは、採用担当者の考えも当然違ってきます。

それを調べるには、応募する会社の案内パンフレットやホームページなどを参考にします。

そして、社是や社訓やその他の情報などから、どういった人間像を社員に対して求めているのかなどを推測します。

例えば、社是に「地道な実労働」などといった文言がある場合には、手書きが良いでしょうし、合理化の精神を謳っている様な社訓などでしたら、パソコンで作成した方が良いと判断することができます。

スポンサードリンク

しかし、何と言っても一番オススメで確実な方法は、応募企業の採用担当者へ直接電話して、手書きとパソコン作成のどちらの履歴書が良いのか質問してみることです。

担当者が余程のへそ曲がりでない限り、親切に教えてくれるはずです。

履歴書を手書きで書く場合の注意点とは?

履歴書を手書きで書く場合の注意点としては、字がきれいか汚いかです。字が汚い場合、採用担当者の印象が悪くなることも当然考えられます。

そういった場合には、本屋さんなどでペン字練習の本を購入し、事前に練習しておくことをおすすめします。

社会では字がきれいというだけで一目置かれる場合もありますから、自分の字が汚いと思っておられる方は、早めに矯正しておくのが良いかもしれません。

履歴書を手書きで書いた場合とパソコンで作成した場合のメリットとデメリット

最後に、履歴書を手書きにした場合とパソコンで作成した場合のそれぞれのメリットとデメリットを挙げてみました。

履歴書を手書きで作成した場合のメリット

・字がきれいな場合、評価が上がる
・自分の人柄を感じとって貰える場合がある

履歴書を手書きで作成した場合のデメリット

・字が汚い場合、評価が下がる場合がある
・パソコンが苦手なのか?と思われる場合もある

履歴書をパソコンで作成した場合のメリット

・字が読みやすくなる
・大量に作成できるので、他の会社へも使用することが出来る
・パソコンのスキルが有ることをアピールできる

履歴書をパソコンで作成した場合のデメリット

・手書きの履歴書を重要視する会社の評価が悪い



こんな記事も書いてます!
NHKの受信料を払わなくていい条件とは?法律に沿って考えてみた
りんご病に妊婦が感染した時の症状とは?免疫があれば胎児は安心?
鍋の焦げの落とし方はステンレスなど素材によって変る?重曹や酢はどう?

まとめ

履歴書は手書きか?パソコンか?についてはご紹介したとおり、応募企業の採用担当者や役員などの価値観に大きく左右される場合があります。

手っ取り早いのは、応募する前にどちらが良いのか採用担当者へ聞いてみることです。今回ご紹介した内容を参考にして頂き、就職活動する際の参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク