足湯

肌荒れやダイエットなど美容に気を使っている女性は多いと思います。そこで、普段の入浴でも行える美容に効果的な方法や時間、入浴剤について調べてみました。

スポンサードリンク

美容に効果的な入浴方法とは?

①入浴前に「ホットドリンク」を飲むと効率よく体を温め、発汗作用を促進します。

②入浴前に「ドライスキンブラッシング」を行います。

入浴前の乾いたお肌に、植物毛や動物毛などのドライスキン専用のブラシでリンパや血液の流れに沿うようにブラッシングします。

③熱いシャワーを三分間浴びた後に、冷たいシャワーを一分間浴びます。

④美容に効果的な湯船の温度は、「夏は38℃」「冬は40℃」です。夏はぬるめを意識しましょう。

⑤湯船にためるお湯の量は、おへそから下の下半身が浸かるくらいの「半身浴」がお勧めです。

心臓や肺に負担をかけにくく、長時間浴槽に浸かることができるため効率よく血液循環を促します。

⑥入浴から5分ほどして体を温めて、肌を柔らかくしてから体を優しく洗います。

⑦入浴時に首や顔、頭皮などを重点的にマッサージします。血行促進させることで顔のくすみに効果的です。

⑧②でも行ったように、熱くなった状態の体や顔に冷たい水をかけます。皮脂腺や毛穴が締まりきめの細かい肌へと導きます。

また、熱いお湯と冷たい水を交互にかける方法は、新陳代謝を活発にしてくれるため肌だけではなく体の状態も良くしてくれるのです。

⑨入浴後は、全身にたっぷりの保湿ケアを行います。また水分補給をしっかりと取ります。肌の乾燥を防ぎ、潤いを与えます。

※この入浴方法でポイントとなるのが「血液循環を良くする」「リラックス効果」の2つです。

血液循環を良くすることで、リンパの流れや発汗作用を促進します。肌のターンオーバーによる美肌効果やデトックスによるダイエット効果があります。

また、リラックス効果はホルモンバランスを整え質の良い睡眠を促してくれます。

美容に効果的な入浴の時間はどのくらい?

入浴する時間と休憩を入れることが重要です。

①一回目の入浴では5分間浸かります。

②ここで休憩としてメイクを落とし、頭を洗います。

③二回目の入浴は、8分間浸かります。

④また休憩として、顔と体を洗います。

⑤最後の入浴を3分間浸かります。

すべて合わせて約30~40分間の入浴となります。

そのほかに人によって長時間浸かる美容法や短時間で済ませる入浴法があります。

しかしどれにも共通して言えることが「ぬるま湯」「休憩を入れる」ということです。

スポンサードリンク

水分補給と休憩を取り入れながら、体が温まったと感じるまで入浴することがご自身にあった入浴法となるのです。

美容に効果的な入浴剤とは?

入浴剤を使用した入浴は、美容により効果的となります。

入浴剤選びで多くの方が重要視するのが「リラックス」「疲労回復」「血行促進」「リフレッシュ」です。

これら4つの効果はすべて「美容効果」につながります。

入浴剤に含まれる成分に着目し、どんな美容効果があるか知ることが大切です。

美容に効果的な入浴剤をご紹介いたします。

①ミネラル・・・天然素材から抽出されるミネラルには、リラックス効果や新陳代謝を高める働きがあります。

疲れた肌に潤いを与えてしっとりと滑らかな美肌へと導きます。ご家庭などにもある「岩塩」でも代用できます。

②炭酸ガス・・・炭酸ガスに含まれる炭酸は皮膚から吸収され、血行促進や新陳代謝が高まり、美肌効果・ダイエット効果など様々な美容効果が期待できます。

肌表面の汚れをきれいに落とし、キュッとつややかな引き締まった肌にしてくれます。

③水素・・・科学的検証が待たれている水素ですが、ストレスや老化で起こる活性酸素を抑える働きや、入浴剤に使用することで温浴効果も上がるといわれています。

血行促進や代謝アップにつながり、疲労やストレス解消にも効果的だともいわれています。

④和成分・・・古来の日本人の知識と伝統の成分である、トウガラシ、ショウガ、ミカン皮、ヨモギ、和漢植物などを使用した入浴剤はリフレッシュ効果に優れています。

冷え解消や疲労回復に効果的で、心身ともに労わることができるのです。



こんな記事も書いてます!
パートの有給はいつから発生する?日数計算と繰越や消滅の算出法
赤ちゃんのげっぷの出し方とその理由~いつまでやらなきゃいけない?
お金を増やすのに安全な方法は?副業や投資ってリスクがあるの?
寝むれない時はどうする?その対処法とお薦めの飲み物とは?
卵酒は風邪に効果があるの?子供や妊婦は飲める?簡単な作り方は?

まとめ

美容に効果的な入浴方法のポイントは、入浴前では「ホットドリンク、ドライスキンブラッシング」入浴中では「温冷交互のシャワー、半身浴、マッサージ」です。

入浴時間もあまり長すぎずに自身にあった時間を目安にしましょう。

また入浴の際には、ミネラルや炭酸ガス、水素、和成分を取り入れた入浴剤を使うと美容に効果的となります。

スポンサードリンク