医師の絵私たちは毎日の生活で当然呼吸をして生きているわけですけれども、その過程で酸素を取り入れているわけです。

しかしその取り入れた酸素の約2%ほどは周囲の物を何でも酸化してしまう活性酸素に変身してしまいます。

そもそも人間の身体には活性酸素を除去するために、体内でSOD酵素というものが作られています。

スポンサードリンク

ところが人間は40歳を過ぎる頃からSOD酵素の生成が少なくなってくるのです。

SOD酵素不足により体内に生じた活性酸素は体のいろいろな部分に攻撃を開始していろいろな病気の誘発などの原因となります。ですから40歳を過ぎるといろいろな生活習慣病などが生じてくるのは活性酸素が原因の場合も多くあるわけです。

わかりやすい例を挙げますと、りんごを半分に切ってしばらく放置しておくとリンゴの断面部分が茶色に変化してくるのが分かるはずです。これは活性酸素によりリンゴの細胞がダメージを受けることにより茶色に変化してしまったのです。釘が錆びるのも同様です。

スポンサードリンク

ところで活性酸素は老化だけではなく喫煙やストレス、紫外線などによっても増えることがわかっています。若いうちは良いのですが40歳を過ぎるとSOD酵素は不足してくるのでそれに代わる活性酸素を退治してくれるものを積極的に体内に取る必要があるわけです。
そもそも活性酸素がなければ人間は120歳ほどまで生きられると言われている説もあるくらいですから活性酸素がどれだけ体に悪さをしているのか想像がつきます。それではどの様なものを摂取すれば良いのでしょうか?

抗酸化物質と言われるものがあるので40歳を過ぎた頃からそれを積極的に摂ることをお薦めします。ビタミンC、ビタミンE、カテキン、セサミン、コエンザイムQ10などなど様々な種類があるのでそれぞれの特徴からご自分に合うと思われる抗酸化物質を探しだして活性酸素から身を守り、若々しい体を維持していきましょう。

ご自分に合った抗酸化物質を探すのが難しい場合には、サプリメントを販売している会社には薬剤師などが無料で相談に乗ってくれるお客様用相談室などがありますので、相談してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク