なすのビン漬け

なすの漬物って本当に美味しいです。

でも、手間がかかりそうで、敬遠されておられる方もおられるようです。そこで今回は、なすを簡単に美味しく作る方法と塩辛くならなくする保存方法を紹介します。

スポンサードリンク

なすの漬物をビンを使って簡単に美味しく作る方法

なすのビン漬けを作るには、最初に「漬け汁」を作っておきましょう。

一度作ってペットボトルなどに入れておけば、簡単になすのビン漬けを作ることが出来ます。

なすの漬け汁の材料

水→1800ml
塩→130g
砂糖→200g
ミョウバン→大さじ3杯

なすの漬け汁の作り方

鍋に水を入れて、塩・砂糖・みょうばんを入れてかき混ぜながら火にかけます。

一度沸騰したら火を止めて冷めれば完成です。

ペットボトルなどに移し替えておけばいつでも簡単になすの漬物を作ることが出来ます。(時間の経過でみょうばんが白く繊維状になる場合がありますが、よく振ってから使用すれば問題ありません。)

なすのビン漬けの作り方

なすをよく水洗いした後、へたを切ります。(多少下手が残る程度にしておく。へたが残っている方がなす漬物の色合いが良くなる。)

ガラス瓶(推奨は450mlていどの容量のもの)にヘタをカットしたなすをぎゅうぎゅう状態に詰める。最後に漬け汁をびんの開口部まで並々に注ぐ。

スポンサードリンク

なすのビン漬け

最後に蓋を締めてから、軽く振り冷蔵庫に入れて一晩置いたら完成です。

なお、なすのビン漬けを漬ける際、青とうがらしを1/2カットを一緒に入れる地域もあります。

私も青とうがらしを一緒に入れて漬けていますが、風味が増すように思います。

もちろん、青とうがらしを入れなくとも十分美味しく漬け上がります。

ナスの漬物を塩辛くなく保存する方法

先ほど紹介したなすのビン漬けは一晩ほどで漬け上がります。(晩秋に穫れる皮が固めななすは除く)

そのままにしておくと、どんどん塩分がなすの内部に浸透していき、塩辛くなってしまいます。

そこで、一旦漬け上がったなすは、ジップロックに移し、さらに漬け汁の2~3割程度の水を加えて「塩止め」する必要があります。

塩止めすることで、塩辛くなりすぎたなすを丁度よい塩分具合に戻せますし、また、丁度よい塩加減のまま数日保存することが可能になります。

また、なすは空気に触れると色あいと味わいが下がりますので、ジップロックに移して保存する際は、十分空気を抜いてから封をするようにしましょう。

その後、冷蔵庫に入れておけば5日~1週間程度は保存できます。


まとめ

今回はなすのビン漬けについて紹介させて頂きました。

ビン漬けはとても簡単で、なすを美味しく漬ける方法でもあります。

自分で漬物を漬けたことの無い方でも簡単&美味しくできますので、まだチャレンジしたことが無い方はぜひ一度作ってみてくださいね。

スポンサードリンク