私が現在乗っている車は新車で購入してから10年ほど経過しました。そこで、ホンダフリードを購入しようとディーラーへ行ってみました。その結果を具体的にお伝えしようと思います。

スポンサードリンク

ホンダフリードの値引き額をネットで調査してみた

ディーラーに出向く前に、価格交渉をする際に大切な前準備をしておこうと、ネット上でホンダフリードの値引き額の情報を収集してみました。

私が参考にしたのは、下記のリンクの価格ドットコムです。
http://kakaku.com/kuruma/nebiki/70100210664/

値引き額は交渉方法や地域により大きく異なり、場合によっては車両値引きの5万円のみしかない場合もあります。(私はその程度の値引き額では死んでも買いませんが(笑))

また、車両値引き額が20万円でオプション値引きも10万円程度引いてくれる場合もあります。

そんな情報を参考にして、近くのディーラーへ出向いてみました。

ホンダフリードの見積もりを貰うためにホンダカーズへ行ってみた

早速、近くにあるホンダカーズへ行ってみました。

冷やかしだと思われるのも嫌だし、25万円~30万円の値引き額を引き出せたら本当に即買いしようと思っていたので、ホンダカーズの営業の方にも、その旨を伝えて最初から様子見せずに値引き額を出して貰いたいといった旨を伝えました。

営業マンは「了解しました」といって、早速パソコンに向かい、見積書を作成してくれました。

それから20分頃経過した頃でしょうか?ようやく見積書が出来たらしく、私に提示してくれました。

その驚愕の値引き額は・・・

車両本体値引額が74,758円。オプション値引額が37,000円。


スポンサードリンク

合計値引き金額がたったの111,758円でした・・・。

私は「はぁ~?これだけしか値引きにならないの?」と思わず声に出してしまいました。

するとホンダカーズの営業マンは、「これでも大分値引きした方ですよ」と答えました。

私はネットで調べたホンダフリードの調査価格を営業マンに見せて「実際にこの位値引きしているディーラーもあるようですが?」と聞いてみました。

するとその営業マンは薄ら笑いを浮かべ、「そんな値引き額は私達営業マンがフリードを購入する際でも、そんな価格は無理ですよ!」と言い放ちました。

これ以上話しても、値引き交渉は無理なようでしたので私は早々にホンダカーズを後にしました。(帰る時の見送りもありませんでした。)

私の住んでいる県は、比較的性格が大人しい人が多い県だと言われています。以前の県知事は「○○県人は大人しい」とマスコミの取材で県民性を語っていたこともあるぐらいです。

そういった理由もあり、この県のホンダカーズは、他の都道府県のように値引きをしなくとも高値で買ってもらえるケースが多いのではないでしょうか?

私は今回初めてホンダのディーラーへ出向いたのですが、「値引き額に不満なら、買って貰わなくとも結構!」といった態度にも正直驚きましたし、二度とホンダ車を購入しようとは思いません。

購入するとしても、他の都道府県から購入するでしょう。


まとめ

今回、初めてホンダのフリードを購入しようと思い、ディーラーへ出向いた経験談を紹介しました。ホンダカーズといっても経営基盤は別会社が多いので、同じ都道府県内でも資本が別のホンダカーズへ出向いてみるのもひとつの手です。

私の場合、別の資本のホンダカーズへ行ってみましたが、結果は似たようなものでした。

やはり、黙っていても売れるものを、必要以上に安くはしてくれないようですね。価格交渉も満足にできない県民性が問題なのかもしれません。

現在、フリードには競合車が非常に少ない状況にあります。トヨタのシエンタが似たようなタイプですが、スタイリッシュさに欠けているので、幾分、女性向きな感じで、男性ウケはあまりしませんね。

1300~1500CCクラスのスタイリッシュなミニバンが他のメーカーから発売されるのを期待したいものです。

スポンサードリンク