石油ファンヒーター寒くなると必要になってくるのが暖房器具。

暖房器具にはいろいろと種類があり、住んでいる地域や使用用途などにより使用する暖房器具を選ぶ必要があります。

スポンサードリンク

エアコンの暖房機能は気温が氷点下になる地域では余り使えない

南の地方や最低気温が氷点下までにならないような地域でしたらエアコンの暖房機能でも十分暖まると思います。

まれに東北とか北海道に住んでいる方で冬にエアコンの暖房機能を使用しているのだけれども、あまり暖かくならないと感じている方がいらっしゃいますが、これはエアコンの構造上の問題なのです。

どういうことかと言いますと、エアコンには室外機というものがありまして、外気温が低ければ低いほど室外機に霜がつきやすくなります。

霜が付いてしまうと外気から吸入する空気の量が少なくなってしまって更に暖房効率が落ちてしまうのです。

そのうえ、エアコンには霜取り機能というものがありますので、霜がつくとそれを取り去るために室内機の方から熱を送って室外機に付いた霜を取る作業を行います。

この作業中は暖房機能は一切停止しますのでますます暖房効率が落ちてしまうのです。

ですから、冬に氷点下(摂氏0度以下)になる地域に住んでいる方でしたら石油ファンヒーターなどの使用をお薦めします。

石油ファンヒーターの種類と選び方

石油ファンヒーター石油ファンヒーターには大きく分けて2つあります。

ひとつは一般的な石油ファンヒーター。もう一つはFF式石油ファンヒーターです。

何が違うのかといえば、水蒸気および排気を室外に出すのがFF式石油ファンヒーターで、水蒸気および排気を室内に出すのが普通に売られている石油ファンヒーターです。

一般的な石油ファンヒーターは換気などをきちんとしていれば問題なく使用できますし、FF式石油ファンヒーターだと工事も必要になりますので、アパートなどにお住まいの方なら普通の石油ファンヒーターを使用すればいいのではないでしょうか?

ただ、高気密住宅に住んでいる方ですと石油ファンヒーターから排出される水蒸気が室内にたまりやすいので、結露対策として出来ればFF式石油ファンヒーターをお薦めします。

ちなみに私の知り合いが高気密住宅に住んでいるのですが、普通の石油ファンヒーターを使用したところ、水蒸気が壁のビニールクロスに付着して知らないうちに壁紙が剥がれてきたということがありました。

それ以来、知人は結露対策としてFF式石油ファンヒーターに変えたようです。それ以来は結露もせず快適に暮らしているようです。

いずれにしても普通の石油ファンヒーターを使用する場合には「換気」と「水蒸気」さえ気をつければ安心して使用できます。

一酸化炭素中毒対策の換気と言っても私の場合は数時間に窓を開けて空気を入れ替えるやり方ではなく、常時窓を1ミリ程度開けておく方法です。

こうしますと換気のし忘れなどありませんし、水蒸気も適度に室外に放出してくれますし、子供部屋でも安心して石油ファンヒーターを子どもたちに使用させておくことが出来ます。

意外と使える反射式石油ストーブ

反射式石油ストーブ石油ファンヒーターではありませんが、意外と使える暖房器具が反射式石油ストーブです。

スポンサードリンク

なにが便利かといいますと上にヤカンなどを載せることができるので、水を入れたヤカンなどを置いておくと室内の乾燥を防いでくれます。そして何より一番便利に感じるのが「電池があれば使える」という点です。

地震とか災害などで電気がストップしてしまうと石油ファンヒーターは使用できなくなります。夏ならいいでしょうが冬に災害が到来した場合を想像してみてください。

あなたの自宅に反射式石油ストーブは有りますか?転ばぬ先の杖ではありませんが、ホームセンターで1万円もあれば購入できるはずですので無ければ購入しておくことをお薦めします。

石油ファンヒーターのお手入れとお掃除

意外なようですが石油ファンヒーターはドライバーなどがあれば簡単に分解できるので、2~3年に一度は分解して徹底的に掃除することをお薦めします。

分解してからホコリ等を吹き飛ばすのに重宝するのがパソコンなどの掃除の時に使用するエアスプレー(エアダスター等とも言います)です。部品と部品の間の狭い場所のゴミやホコリをガンガン吹き飛ばしてくれるのでお薦めです。

それとシーズンが終わって石油ファンヒーターを片付ける前にやっておくことがあります。

それは石油ファンヒーターを空焚きして残っている灯油を全部使い切るようにします。

こうすることにより余った灯油(去年の灯油)を使った場合のフィルターの汚れが石油臭い原因の元になったり、故障の原因になるのを防いでくれます。

「古い灯油でも使えているよ」という人もいるかもしれませんが、それは3年ほどで石油ファンヒーターを使用できなくなる可能性が非常に高いと言われています。

理由はこうです。灯油は髪の毛ほどの太さの気化器を通されて気化して炎になるわけですが、古い灯油(去年の灯油)を使用していると不純物が気化する細い管に詰まり、最後には故障してしまうわけです。

ですから、灯油は毎年使い切る(空焚き)する必要があるのです。

《石油ファンヒーターの掃除の参考動画》

オイルヒーターについて

【関連記事】
オイルヒーターの電気代っていくら?実際に使って分かった長所と短所

オイルヒーター私の住んでいる地域は冬になると氷点下の気温になり非常に寒くなります。

よる寝る前には電気毛布などを使用していますが、それでも室内の気温もかなり低くなります。そこで私は寝る前に石油ファンヒーターを使用したことがあったのです。

結果、朝起きた時には喉がガラガラになり、体調を崩してしまったのです。

それくらい室内の温度が低くなるので今度はオイルヒーターを購入してみました。

音は静かでほんのりと暖かいというキャッチフレーズに惹かれて購入してみました。

確かに室内はほんのりと暖かく、音も全然静かでした。

ところが、大問題があったのです・・・。

それは何と「電気代」でした。通常我が家の電気料金は一ヶ月大体1万円前後なのですが、オイルヒーターを使用した月の電気料金は何と4万円を超えたのです。

これではさすがに使えないということで、オイルヒーターを使用するのを泣く泣く諦めたのです。

しかし、もしかしたら現在では余り電気代がかからないオイルヒーターも発売されているかもしれませんので調べて見る価値はあるかもしれません。

いずれにしても現在はいくら寒くとも、電気毛布のみで我慢しています。というか慣れました。

とにかく冬の寒い時期は暖房器具は必需品です。自分に合ったものを正しい使い方で利用することで快適な冬を過ごせるはずです。

スポンサードリンク