クリームシチュー秋も深まる晩秋の頃になりますとテレビCMでもたびたび目にするようになるのがクリームシチューです。

寒い時期に体の中から暖まるコクが合っておいしい自慢のクリームシチューのレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

【材料4人分】

鶏肉(もも肉)又は豚肉:250g
玉ねぎ:1個
小麦粉:大さじ二杯
人参:1本
じゃがいも:3個
マッシュルーム:50g~100g(無ければ水煮の缶詰でも良い)
白菜:4枚
ワイン(白):100ml
ブイヨン(固形):2個
ブロッコリー:10房くらい
水:500ml
ローリエ:1枚
《ホワイトソースの材料》
小麦粉:大さじ三杯
バター:40g
サラダ油:大さじ二杯
牛乳:600ml
塩:適宜
胡椒:適宜

【作り方】

1.鶏もも肉を食べやすいように切った後に塩と胡椒を振って、その後小麦粉を薄く付ける。玉ねぎも食べやすいように切っておく。

2.じゃがいもは皮をむき食べやすい大きさに切る。そして水に10分ほど浸けておく。白菜は1.5cmほどの幅で切る。人参は皮をむいてひと口大の大きさに乱切りする。生のマッシュルームを使用する場合は薄切りにしておく。

3.サラダ油をフライパンに入れる。中火で火にかけ鶏のもも肉をしっかりと両面を焼いてから、これから煮込むための鍋に入れておく。

スポンサードリンク

4.フライパンで玉ねぎを中火でよく炒めて、玉ねぎが透き通ってきたらじゃがいもと人参も加えてよく炒める。ある程度炒めたらマッシュルームを加えてそれに白ワインも加えてじっくりと絡めてから煮込むための鍋に投入する。

5.鍋には香り付けのためのローリエと水を入れて、それにブイヨンをプラスして中火でよく煮る。沸騰し始めたなら弱火にしてからフタをして約15分ほどよく煮込む。

6.《ホワイトソースの材料》を作っていきます。まず最初にバターを鍋に入れます。焦げ付かないように弱火でバターを溶かしながら更に小麦粉を加えて混ぜる。

小麦粉の粉っぽさが無くなり、かつ泡が細かくなるようになるまで混ぜます。そこに牛乳を入れて中火にして粉がダマにならないようにしっかりとよくまぜ合わせて溶かします。そこに塩と胡椒を適宜ふりかけながら少し火を弱めていい感じになるまで時々まぜ合わせながら煮詰めます。

7.上記の出来たところに白菜とブロッコリーに《ホワイトソース》を加えてフタをして煮えるまで5分ほど煮込み、塩と胡椒で味を整えて完成です。

普通ならここで完成ですが、我が家ではここに味噌を入れて隠し味にしています♪

入れる量がポイントですが多すぎると違和感がありますし、少なすぎると普通のクリームシチューと何ら変わらなくなってしまいます。

加える量は各自各々自分の家庭にあわせた好みの量で調整して作ってみて下さい。

追記
テレビで放送していた隠し味をご紹介します。

クリームシチューの隠し味で驚きの食材が「あんこ」です。
乳脂肪があんこ粒子を包み込むことで更にクリーミーになって美味しいということです。
テレビ番組では10人中8人があんこを入れたことで美味しくなったと話していました。

スポンサードリンク