もつ鍋(味噌仕立て)もつ鍋といえば博多名物ですよね。本場の博多風もつ鍋はしょうゆ味もおいしいのですが、みそ味もコクが合ってとても美味しいんです。

今回は本格的な博多風みそ味のもつ鍋の作り方レシピをご紹介しようと思います。是非参考になさって下さい。また、生ホルモンの臭いで悩んでいる方はこちらの記事をご覧くだされば臭み取りの参考になると思います。

スポンサードリンク

【関連記事】
もつ鍋の生モツ(生ホルモン)の臭みや汚れを取る下処理方法のご紹介
もつ鍋レシピ。生ホルモン下処理で臭みなしで旨さ100倍!
辛味もつ鍋が好きな方のために美味しい人気レシピの味を紹介します♪
もつ鍋レシピの味噌味で豚モツを使ったおすすめ人気メニュー

【材料4人前】

・牛の生モツ:800g
・きゃべつ:1.5玉
・にんにく:3片
・にら:2束
・焼き豆腐:1丁
・鷹の爪:少々
・ねぎ:3本(青い部分)
・鶏ガラ:400g
・しょうが:適量
・みそ:100g
・しょうゆ:80cc
・砂糖:大さじ一杯
・酒:大さじ二杯
・みりん:50cc
・白ゴマ:少量
・ゴマ油:少々
・塩:小さじ一杯(がらスープの素を使用した場合は不要)

【作り方】
1.たっぷりのお湯に生姜をスライスしたものを2~3枚入れて鍋を火にかける。

2.沸騰したら鶏ガラ400gを鍋に入れる。鶏ガラの代わりに鶏がらスープで代用する場合は塩の量を減らします。

スポンサードリンク

3.再度鍋が沸騰したら鶏ガラをお湯から取り出して冷水に入れる。そして、血合いや余分な脂肪などを取り除きます。その後、まな板の上で鶏ガラを細かく切ります。(骨から旨味を出すため)

>
4.きれいにした鍋に3.5Lの水と細かく切った鶏ガラとねぎの青い部分をを入れて火にかけます。沸騰したら弱火にして丁寧にアクを取り除きます。

5.15分ほどしてアクが出なくなってきたらねぎを取り除きます。そしてスープが半分になるまで1時間程度中火でじっくりと煮込みます。

6.キャベツはざく切り。ニラは7cm幅程度に切ります。(揃えておくと綺麗に盛り付けが出来ます)。ニンニクは薄くスライスしておきます。

焼き豆腐は1丁を12等分します。鷹の爪は種を取り出して小口切りにして水につけておきます。

7.もつの下ごしらえをします。10秒ほど熱湯にくぐらせて冷水に入れます。さっとかるく手もみしてからザルにあげておきます。

8.鶏がらスープが半分ほどの水量に減ったら完成です。ザルでコシて、鶏ガラは除去します。

9.次にもつ鍋用のスープを作ります。ボールに味噌、醤油、砂糖、酒、みりん、塩をいれてよく混ぜて溶かします。そして、1600ccの鶏がらスープに入れて合わせます。

よく混ぜたらもつ鍋スープの完成となります。

10.鍋に盛りつけます。まず最初にキャベツを敷き詰めてからモツを入れます。そしてモツの間にニンニクを入れていき、焼き豆腐を並べます。

鷹の爪を入れてその上にスープをタップリと注ぎ入れます。(ニラは茹で過ぎると美味しくないので、食べる直前に入れます。)

11.鍋を火にかけて蓋をします。キャベツに火が通ったら、ニラを入れてごまを振ります。最後にゴマ油を少々かけて2~3分煮込めば出来上がりです。

最後にラーメンを入れて食べると美味しいです。♪

【参考動画はこちらです】

スポンサードリンク