お肌を気にする若い女性秋も終わりに近づき寒さが増してくるこの頃。空気中の水分も減りがちな季節です。

乾燥肌の方はちゃんとしたお肌の乾燥予防をしっかりとやらなければならない時期です。

乾燥が原因でお肌のカサつきや肌荒れなどのお肌のトラブルを繰り返しやすくなったり、しっかりとお風呂に入ったのにに関わらず、お肌がしっとりとせずカサついているなんてことも。

スポンサードリンク

最悪の状態になるとお肌が粉ふき現象も起こしたりしてしまいます。

そのような症状に心当たりがある貴女のお肌は「乾燥性敏感肌」というお肌かもしれません。

乾燥性敏感肌はどの様にして発症するのか?どのようにすれば改善することができるのか?今回は乾燥性敏感肌についてお話しようと思います。

どうして乾燥性敏感肌になってしまうのか?

「乾燥性敏感肌」とは湿度や温度などの環境が変化が原因となりお肌が乾燥してしまうことによりお肌が過敏気味になることで、肌荒れなどのトラブルを生じやすい状態になっているお肌のことを指します。

その原因は一体何が原因なのでしょうか?

お肌が乾燥して敏感肌になってしまうのは実は「セラミド」不足によるものなのです。

それでは「セラミド」どはお肌においてどのような役目を担っているのでしょうか?

セラミドはお肌の角質細胞間の隙間に充分に満ちて潤いを保持して、外からの刺激からお肌をガードするバリアの役目を果たしています。

スポンサードリンク

ですからセラミドが不足すると角質細胞間の間に空間が出来てしまい、外からの刺激によって肌荒れしやすいお肌になってしまいます。

セラミド不足にならないための対処法

汗や皮脂などの老廃物がお肌に残っていると肌荒れの原因になります。そこでスキンケア用品でしっかりとお肌の汚れを洗い落としていると思います。

しかしそれが大切な成分であるセラミドを不足させていたのです。

実はお肌をボディーシャンプーなどで洗う際にセラミドをお肌から流出させてしまっていたのです。

ですから乾燥性敏感肌の方は、お肌を洗う際にはお肌の大切なバリア成分である「セラミド」がお肌から流れ出ないように洗わなければならなかったのです。

セラミドを守りながらお肌を洗うお手入れ方法

①セラミドを守りながら皮脂や汗などをきれいに落とすには低刺激性のボディーシャンプーを使用することが大切です。

低刺激性のボディーシャンプーを用いることでセラミドが体内から流れでてしまうのを防ぎます。

②次に乾燥性敏感肌の方が体を洗う時に大切なことは「手」で洗うように心がけることです。

低刺激性のボディーシャンプーを手にとってたっぷりと泡立てることで、手でも充分体の汚れを洗い落とすことが出来ます。

ボディースポンジなどを使用することにより、大量のセラミドを失うことになりお肌のトラブルの原因になってしまいます。

スキンケアの本質を知ることが一番大切です

多くのスキンケア商品が販売されていますが、お肌にとって一番大切なのは「元々お肌にある成分」なのです。

ですからスキンケアで一番大事なのは高価な化粧品などを使用したり体質改善を考える前に、お肌本来の大切な成分を失わせない事が一番大切だと思います。

スポンサードリンク