日本酒お燗毎日毎日仕事や家事に明け暮れて一生懸命過ごしている皆さん。あなたの楽しみは何ですか?私は仕事を終えて家に帰ってからの晩酌がその日の一番の楽しみなんです。

うちのかみさんもお酒が大好きなので夫婦揃って毎日お酒を楽しんでます。

ところがお酒は楽しくてストレス発散できる良いことだけではありません。

スポンサードリンク

たまには飲み過ぎてしまって「二日酔い」になってしまうんですよね。

では、どういったことが原因で二日酔いになるのか?

どのようにしたら二日酔いを予防できるのか?

二日酔いになった時どのように対処したら早く楽になれるのか?などなど調べてみました。
【関連記事】
飲み過ぎて二日酔いにならない予防法と対処法をご紹介
二日酔いの頭痛や吐き気に効く薬は?予防に飲んだあとにする事とは?

お酒を毎日楽しく飲みたい方のために!

なぜ二日酔いになるのか?

二日酔いは自分のアルコール分解能力を超えてしまうのが原因です。人がアルコールを飲むと体内で「アセトアルデヒド」に分解されます。

そして更にアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素により酢酸に分解されて最終的に水と二酸化炭素に分解されて体外へ排出されます。

人によって二日酔いになりにくい人がいたりするのは「アセトアルデヒド脱水素酵素」を多く持っているか、そうでないかの違いなのです。

「アセトアルデヒド脱水素酵素」を多く持っていれば二日酔いになる原因の「アセトアルデヒド」を多く分解できることで二日酔いになりにくくなります。

逆に「アセトアルデヒド脱水素酵素」が少ない方はお酒が弱いか、それとも一滴もお酒が飲めない下戸タイプということになります。

二日酔いにならないために

二日酔いにならないためには、自分の体質(アセトアルデヒド脱水素酵素がどの程度あるのか)を熟知して、それに見合ったアルコール量を摂取するのが一番良いのですが、楽しくお酒を飲んでいるとやはりつい飲み過ぎてしまうのが人間です。

特に気の合った友人と飲むお酒はついつい飲み過ぎてしまいます。

では、飲み過ぎて自分の持っているアルコール分解能力を超えてしまった場合にアルコールを分解するための手助けとなる「助っ人」は何なのか?

実は私も愛用しているのが「アスコルビン酸」です。簡単にいえば「ビタミンC」です。

ビタミンCを摂取することでアセトアルデヒドを分解してくれる手助けをしてくれるのです。ビタミンCはカプセルタイプのものが飲みやすくオススメです。

ですから、自分の体内のアセトアルデヒド脱水素酵素が少なくとも、ビタミンCを摂取することでアルコール分解の手助けとすることが出来るのです。

スポンサードリンク

私の場合、飲み会の直前にビタミンCを500mg、飲んでる最中に500mg、飲んだあとに500mgと3回に分けて飲んでいるせいか、ある程度飲み過ぎたと思っても二日酔いにならないですんでいます。

二日酔いにウコンが良いと言われていますけれども、私の実感としてはビタミンCは本当に効果を感じました。

それと、アルコールの分解は肝臓が担っているのですが、アルコールを分解する際に大量の水分が必要になるので、水分が不足していると二日酔いになってしまいます。

ですからアルコールを大量に飲んでしまって二日酔いが心配される時はビタミンCを多めに摂取することと、寝る前に多めに水分(おすすめはスポーツドリンク)を補給することをお薦めします。

こうすることにより二日酔いになるリスクを大幅に減らすことが出来るようになります。

二日酔いになってしまったら

二日酔いになってしまった場合の対処法で私が体験したことをお伝えします。

二日酔いの状態になると肝臓がアルコール解毒のために大量の水分を消費するので非常に喉が渇きます。しかしこの時は注意が必要です。

お茶(緑茶)やコーヒーなどを飲んでしまうとそれに含まれているカフェインがアルコールで荒れている胃壁を刺激して気持ち悪くなってしまったり、吐き気の症状も見られます。

また、栄養ドリンクにもカフェインが多く含まれていますので二日酔いの時には避けたほうが無難です。

ですから二日酔いになった場合はお茶やコーヒーや栄養ドリンクを避けて、カフェインが含まれていないスポーツドリンクが体内に速やかに吸収されるのでお薦めです

また、お茶やコーヒーは利尿作用がありますので体内の水分を排出させてしまう働きがあるので、体内の水分不足により肝臓の解毒の働きを弱めてしまうと思われます。

お薦めは「しじみの味噌汁」です。しじみ汁を飲むと二日酔いから回復するのが早いように感じます。

しじみのみそ汁をいつでも簡単に作れてしじみの栄養分を120%吸収する方法はこちら⇒しじみのみそ汁を簡単に美味しく作るレシピ&保存方法

もし、ひどい二日酔いの状態になってしまい一刻も早く治したい場合は医院や病院などでビタミンC剤やブドウ糖などの点滴をしてもらえばすぐに楽になれるはずです。

いずれにしても、飲み過ぎは肝臓にもよくありませんし、何と言っても翌日のお酒が美味しくありません。なので、自分の体にあわせた適量の飲み方が理想だと思います。

しかし、今夜はチョット飲み過ぎるかもしれない・・・と思ったら私の今までの体験記を参考にして頂き、二日酔いを予防して頂ければ幸いです。

【追記】
漢方薬に「五苓散」または「五苓散料」といったものがあります。(メーカーにより若干商品名が異なります)

これは、二日酔いになった時などに効果があります。私はお酒を多く飲んだ日はビタミンCとともに五苓散を服用しています。

つい、深酒し二日酔いになりがちな方は試してみては如何でしょうか?

スポンサードリンク