病で横になる若い女性例年初冬から春にかけて風邪やインフルエンザなど病気にかかりやすい時期ですが、その中でも感染力が強いウイルスのひとつが「ノロウイルス」です。

そこでノロウイルスとはどの様なウイルスなのか?感染経路、潜伏期間、症状、治療方法、予防方法などご説明させて頂こうと思います。

ノロウイルスってどのようなウイルス?

1968年にアメリカのオハイオ州のノーウォーク町で集団発生した時に、患者の便からウイルスが発見されました。

そのために町の名をとってノーウォークウイルスと呼ばれました。

1972年電子顕微鏡下でその形態が明らかにされこのウイルスがウイルスの中でも小さい球形をしていたことから小型球形ウイルスの一種と考えられました。

その後、非細菌性急性胃腸炎の患者からノーウォークウイルスに似かよった小型球形ウイルスが次々と発見されたために、一時的にノーウォークウイルスあるいはノーウォーク様ウイルス、あるいはこれらを総称して「小型球形ウイルス」と呼ぶようにしていました。

その後、ウイルスの遺伝子を詳しく調べていくと、非細菌性急性胃腸炎をおこす小型球形ウイルスには2種類あって、そのほとんどは今までノーウォークウイルスと呼ばれていたウイルスであることが分かりました。

そして、2002年国際ウイルス学会で正式に「ノロウイルス」と命名されるようになったのです。ちなみにもう一方のウイルスは「サポウイルス」と呼ばれることになりました。

スポンサードリンク

ノロウイルスの症状と潜伏期間

ノロウイルスの症状は吐き気、嘔吐、下痢が主症状とされますが、腹痛、頭痛、悪寒、発熱、筋肉痛、咽頭痛、倦怠感などを伴う場合もあります。潜伏期間は1日~2日とされます。

ノロウイルスの感染経路

1.汚染されている二枚貝を生で食べたり十分に加熱していない状態で食べた場合。

2.食品を取り扱う調理人が感染していて、その人を介して汚染食品を食べた場合。

3.患者の便や嘔吐物からの接触感染によるもの(飛沫感染および接触感染)。

4.ノロウイルスに汚染された簡易水道や井戸水などを消毒せずに摂取した場合。

ノロウイルスの感染経路は大体上記に分類されます。

ノロウイルスの治療方法

ノロウイルスに感染すると吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、悪寒、発熱、筋肉痛、咽頭痛、倦怠感などの症状がでますが、これらの症状が1日~2日続いた後に治癒し別段後遺症などは残りません。

治療方法ですが、ノロウイルス自体に働きかける抗ウイルス薬はないので対処療法で治療が行われます。

スポンサードリンク

ただ、下痢を止める薬剤は使用しない方が望ましいとされます。

理由は下痢により体内のノロウイルスを体外に排出しているわけですから、それを抑えるということは病気の回復を遅らせてしまうことにつながる。というのがそのです

※対処療法・・・熱が上がれば解熱剤と投与。嘔吐があれば嘔吐を止める薬剤を投与するなど発症した症状に対して治療するという考えの療法。

ノロウイルスの予防方法

生の二枚貝などを食べないようにすることが一次感染を予防する方法です。

牡蠣などや他の二枚貝などは十分に過熱することでノロウイルスを死滅させることができます。

また、人の手を介しての二次感染においてノロウイルスにはアルコール(消毒用エタノール)や逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)は効果は期待できません。

ノロウイルスに効果があるのは「次亜塩素酸ナトリウム」(濃度200ppm以上)です。

※次亜塩素酸ナトリウム濃度200ppm以上の作り方

市販の塩素系漂白剤(ハイターなど)を250倍希釈して作ることが出来るので簡単に作れます。1Lの水に塩素系漂白剤を4ml入れれば完成です。

なお、石けんにはノロウイルスを消毒する効果はありませんが、手や指からノロウイルスを剥がれやすく効果はあります。

また、ハンドソープを使用した手洗いでは10秒間ほどの手洗いと15秒間の流水でのすすぎを2回繰り返すことでノロウイルスの残存率を0.001%まで減らせたという実験結果もありますので手洗いはしっかりとやっておきましょう。

ノロウイルスの消毒方法

・調理器具・・・洗剤で洗浄後、次亜塩素酸ナトリウム(濃度200ppm以上)で浸すようにペーパータオルなどで拭く。

・ドアノブ、カーテン、日用品、トイレ、浴槽・・・次亜塩素酸ナトリウム(濃度200ppm以上)で浸すようにペーパータオルなどで拭く。

・患者使用の下着など・・・汚物を取り除いた後に次亜塩素酸ナトリウム(濃度200ppm以上)に入れて消毒する。また、煮沸消毒も有効。

・布団や絨毯(じゅうたん)など洗濯できない場合にはよく乾燥させた後にスチームアイロン布団乾燥機などで熱で殺菌するようにすると効果的。

ノロウイルスは潜伏期間は1~2日で、症状も1~2日で治る病気ですが、感染力が強いので学校のクラスメイトや家族に発症者がいる場合には要注意です。

上記の予防方法や消毒方法などを参考にして頂き、感染しないように注意すればだいぶ感染リスクを下げられるのではないでしょうか?

大切なことはあなたが感染しなければ他の人に感染させることはありえないということです。

ですからノロウイルスが流行する11月から3月にかけて予防方法を実践しておきましょう。

スポンサードリンク