くしゃみするおばあさん花粉症ってほんとうに大変ですよね。ゴーグルやマスクを付けたり、網戸も通常の目の大きさより細かいものを選んだりして花粉が体内に入ってくるのを防御しなければなりません。

花粉症に悩む人にとって一番悩みの季節は春だと思いますが、花粉は一年を通して飛散しており秋にも多くの花粉が飛散しています。

花粉症になる原因とされている花粉の木はスギ、ヒノキ、ブタクサなど様々あります。

花粉症とは?花粉症の原因

花粉症は花粉が原因となり起こるアレルギー疾患です。本来は人間の体の敵ではない「花粉」を敵とみなしてしまい、それを排除するために起こる病気です。

特にスギの花粉が原因の花粉症は冬が終わろうとする時期から春にかけて多く飛散します。花粉症の症状は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」など普段の生活をするのにも大変になってしまいます。

スギの他にもブタクサ、イネ、ヒノキなど多くの植物が花粉症の原因となっています。

スポンサードリンク

花粉の飛散時期

花粉の飛散時期はおおむね一年を通して見られるようですが、花粉の種類により飛散時期は異なります。スギやヒノキなどの花粉は2月頃から5月一杯位までにかけて飛散します。

それに対して、イネ科の花粉は4月から10月にかけて、ブタクサ、ヨモギ属の花粉は8月から10月にかけて多く飛散するようです。

花粉症の治療

花粉症の治療は自分がどのようなタイプに属しているかを知ることが非常に大切になります。

スポンサードリンク

鼻水やくしゃみだけの症状の「くしゃみ、鼻漏型」。鼻づまりで息を吸うのが苦しいなどの「鼻閉型」。両方の症状がみられる「充全型」の3種類があります。

また、血液検査などにより自分に刺激を与える花粉(アレルゲン)の種類を把握することにより、適切な時期に治療を行うことが可能になります。

このような理由から、花粉症を治療するには専門医による検査を受けて、適切な治療をすることが一番です。

花粉症の対策と予防方法

1.ひどい花粉症の方にお薦めの方法は、玄関に空気清浄機を置いて、帰宅と同時に空気清浄機を浴びて、花粉やハウスダストなどのアレルギー物質を徹底的に不活性化すること。

2.帰宅して空気清浄機をたっぷりと浴びた後、手洗いとうがいをします。特にうがいは一度に10回ほどやった方が絶対オススメです。

3.リビングおよび寝室にも空気清浄機を設置して徹底的にアレルギー物質を除去すること。

4.最近注目されているのが「イオンブロック」または「ウイルスブロッカー」というもの。鼻や口周辺にスプレーすることにより、花粉やpm2.5の体内への侵入を防ぐというものです。

結構効果があるようですので、まだ試したことがない方には是非お薦めします。

まとめ

花粉症になってしまったらまず最初に専門医に診断してもらうことが一番大切です。

それにより自分の症状のタイプや花粉症になった原因の花粉を知ることにより、その花粉の飛散時期に合った適切な対応が可能になります。

花粉症の方でも医師に診察してもらっていない、「自己診断による花粉症」の人って結構多いようです。

それですと自分が苦しんでいる花粉の種類が特定出来ないので適切な対策ができません。

ですから、花粉症対策の基本は医師への受診から始まると理解して頂けたら速やかな治療につながることと思います。

花粉症かな?と思ったらまずは耳鼻咽喉科などの専門医へ行かれることをお薦めします。

スポンサードリンク