スノーボードする男性冬のスポーツといえば何と言っても人気ナンバーワンなのが「スノーボード」。

初めてスノーボードに挑戦するのだけれども今ひとつスノボってわからない。スノボをやりたいんだけど何を持って行ったら良いんだろう?と思っている人も少なくありません。

そこで、初心者のためにスノーボードの基本が分かる動画とゲレンデに忘れてはならない持ち物をご紹介させて頂こうと思います。

このスノーボードの初心者用の映像を前もってご覧頂くことで、ゲレンデでのスノーボードの初心者教室などでのレクチャーも違和感なく学べるようになるのではないでしょうか?

また、用意周到に準備したつもりでも初心者なら尚更忘れてしまう持ち物もあるはずです。そういった意味でもチェック表代わりに利用して頂けたら幸いです。

是非、参考にして頂いて冬のゲレンデを楽しんで頂けたらと思います。

スノーボード初心者のための動画

スノーボードに必要な持ち物

・スノボウェア
・ゴーグル
・スノボブーツ
・スノーボード
・ビンディング(スノーボードをレンタルする際は付いてきます)
・流れ止め(スノーボードをレンタルする際は付いてきます)
・トレーナー
・ソックス
・帽子
・耳あて(帽子とワンセットにものがあれば不用)
・ズボンなど(ウェアの下にはきます)
・インナーウェア(上下とも)
・薄手の上着数枚(厚い上着を1枚着るより薄い上着を何枚も着て空気層を多く作ったほうが暖かいし、脱着することで温度調節も容易になります)
・ネックウオーマー
・ポケットティッシュ
・日焼け止めクリーム
・ベルト
・リップクリーム
・手袋
・身分証明書(スノーボードをレンタルする時に必要になります)
・リフト券入れ
・アミノ酸飲料またはパウダー(翌日の筋肉痛の予防になります)

スポンサードリンク

スノーボードに初心者のための知識や注意点

1.財布は濡れないようにする

ゲレンデでは自動販売機のトラブルが多いって知っていましたか?

理由は「濡れたお札」を使用することにより自動販売機が詰まってしまい、故障してしまうんです。

これはどういう事かといいますと、自動販売機は乾いたお札しか使用できないんです。

ゲレンデでスノーボードに夢中になってウエアのポケットが少し開いたまま滑ってると、気がついた時にはポケットの中の財布がびっしょり・・・。ということが多いんです。

ですから、ポケットのチャックをしっかり閉めるのは勿論ですが、財布は小さめのビニール袋に入れておくようにすれば完璧です。

2.休憩中の時などスノーボードが勝手に滑っていかないようにする

スノーボードの設置方法が悪い場合にスノーボードが勝手に流れていき、他の人にぶつかってしまう事故が多いんです。

ですから、スノーボードを置く場合にはスノーボードを上下反対にしてビンディング側を下に向けて刺すように置いておけばいいでしょう。

他にも事前調査しておくべきことはたくさんあります。

車や電車での移動時間や食事を摂る場所の混雑具合などもチェックしておきましょう。

スノーボードをレンタルする場合にはレンタル店の営業時間や料金なども調べておきましょう。

いずれにしても、しつこいくらい事前にに色々と調べておけば間違いありませんから。

スポンサードリンク