咳をする子供小さいお子さんが咳をしてお医者さんへ行ってもなかなか良くならない。ちゃんとお医者さんに診てもらって薬も飲んでいるので一向に良くならない。

このような症状が続いた場合もしかしたらあなたのお子さんはマイコプラズマ肺炎にかかっているのかもしれません。

スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎っていったい何なの?

肺炎マイコプラズマという細菌に感染して起こるとされる呼吸器感染症の病気です。

乳幼児から小児および若い人の肺炎の原因として割合多いものの1つと言われています。毎年、患者として報告される全体のうち約80%は14歳以下のようですが成人の感染報告も見受けられます。

マイコプラズマ肺炎は1年を通して見られるようで特に冬期に増加する傾向があります。

そのうえ4年に一度大流行すると言われています。その理由でオリンピック風邪とも言われています。

マイコプラズマ肺炎の症状とは

冒頭にも記載しましたが、マイコプラズマ肺炎の症状は発熱、頭痛、咳などが主な症状で、発熱が治まったとしても咳が3~4週間続くのが特徴です。

症状を見るかぎり風邪の症状とほとんど一緒なので風邪として診断されるケースも多いようです。

しかし、一般的に風邪に投与されるペニシリン系抗生物質やセファロスポリン系抗生物質が効かないので、結局咳の症状が続くことで再度受診した時にマイコプラズマ肺炎が疑われ検査で判明するといったことも多いようです。

マイコプラズマ肺炎の予防方法と治療

それではマイコプラズマ肺炎はどのような経路で感染するのでしょうか?

スポンサードリンク

唾液、鼻水の飛散などに飛沫感染が感染原因と言われています。ですから予防するには風邪と同様にマスク着用と手洗いとうがいが大切です。

検査キットを置いてある医療機関なら血液検査ですぐ感染しているかわかりますが、そうでない医療機関の場合で痰を培養する検査を判定する場合には1週間以上かかります。

治療法にはマクロライド系抗生物質やテトラサイクリン系抗生物質が使用されます。

一般の細菌は細菌の外側が膜で覆われています。しかし、マイコプラズマ肺炎には一般の細菌が持っているとされる外側の膜が存在しません。

ですからペニシリン系などの普通の抗生物質は細菌の壊して細菌を死滅させますが、膜自体が存在しないマイコプラズマ肺炎には一般的な抗生物質は効果が無いのです。

そこで用いられるのがマクロライド系抗生物質やテトラサイクリン系抗生物質です。

これらの抗生物質はペニシリン系の抗生物質とは異なり、細菌の膜を攻撃するのではなく細菌のタンパク質の合成を阻害することで症状の改善をはかります。

いずれにしても、子供が治療しているのにもかかわらずなかなか咳が止まらないといった症状が続く場合には親としてはやはり心配になります。

咳が長く続くからといって必ずしもマイコプラズマ肺炎と言うわけではありませんが、1~2週間投薬を受けていても症状が改善しないならば他の病気の可能性も考えられるわけですから再度医療機関で診察を受ける事をお薦めします。

なお、マイコプラズマ肺炎はよほど重症でなければ入院しなくとも通院で治療できますからその点は安心して下さい。

スポンサードリンク