冬のオブジェ身内に不幸が合った場合は通常、「喪中はがき」をお出しして、新年の挨拶や年賀状を遠慮させていただく旨の連絡をしますが、年末に不幸が起きて喪中はがきを出す時間が無かった場合または予期しない人から年賀状を頂いた場合には「寒中見舞い」で新年の挨拶の欠礼を詫びることになります。

そこで寒中見舞いを作成することになるわけですが、普通どういった文面で書いたらいいのか悩むところです。
【関連記事】
お年賀ののし紙は外のし?内のし?送る時期と喪中の場合はどうする?

そこで、参考になる寒中見舞いの例文を幾つかご紹介させて頂きますので参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク

寒中見舞いハガキを出す場合使用するハガキは何が良いの?

喪中はがきに使用されるハガキは胡蝶蘭のデザインの官製はがきがよく使用されます。

それでは寒中見舞いはがきにも同様の胡蝶蘭のデザインのハガキでも良いような気がします。

しかし、私が色々と調べた結果、普通の官製はがきで寒中見舞いをお出しするのはちょっと問題があるようです。

理由は不幸(喪中)で多く使用される「胡蝶蘭ハガキ」を一般的な挨拶である寒中見舞いに使用するには問題があると考えられるからです。

スポンサードリンク

寒中はがきを出す時期はいつが良いの?

寒中見舞いは昔からの日本の習慣です。1月5日ころから立春(2月4日)までの間に雪国で生活している方の気苦労を気遣って手紙などを出す習慣です。

また、喪中のために年賀状を出せなかった時の代わり、及び年賀状の御礼としてお送りする場合もあります。

そういったことから寒中見舞いをお出しする時期は1月5日から2月上旬の4日までといいうことになります。

寒中見舞いはがきの例文

参考になる寒中見舞いの例文を2パターン並べてみました

1.一般的な寒中見舞い

【例文】
寒中お見舞い申し上げます。
本格的な寒さを迎える折、皆様にはお変わりございませんか。
年始には丁寧なお年賀状を頂きましてありがとうございました。
本年も昨年同様のお付き合いの程、どうぞよろしくお願い致します。

2. 喪中見舞いを送らなかった人から年賀状が送られてきた場合【例文】

寒中お見舞い申し上げます。
早々に賀状をいただき、ありがとうございました。
昨年◯月に祖父が逝去し服喪中ですが、このことはどなたにもお知らせしないまま年始のご挨拶を欠礼させて頂きました。
お許し願います。
厳寒に向かう時節柄、ご健康にはくれぐれもご留意ください。

上記のように、「どなたにもお知らせしないまま年始のご挨拶を欠礼させて頂きました。」と記載すれば、はがきを受け取った方は自分だけにだけ喪中の知らせが来なかったと思われることはなくなると思います。

以上、寒中見舞いに関するお話をさせて頂きました。ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク