卒園式

40代のママが入学式に出席する際に人気なスーツはどのようなものでしょうか?

また、購入しないでレンタルする場合の注意点などについて調べてみました。

スポンサードリンク

入学式のママスーツの40代で人気なのはどんなの?

入学式のママスーツには地域によって特徴があるので、自分だけが人と違った格好をしていないかと気になるものです。

特に40代になると可愛過ぎてもいけないし、かといって地味過ぎると老けた印象になってしまうため、スーツ選びに難しさを感じる人も多いでしょう。

最近のママスーツで人気があるものを押さえておくと、当日に服装のことで緊張せずに式典にのぞめます。

入学式は春に行われるということで、春らしさを感じさせるような明るいカラーが人気です。

淡い色合いで全身をまとめると、とても優しい雰囲気になり母親らしさも演出できると思います。

淡い色言うことでベージュや白、薄いピンクなどを選ぶ人が多いようですが、ベージュを選んだ時には上品さを出せるというメリットがあります。

式典には上品な雰囲気で出席したいと考えている人はベージュ系の色合いのスーツを選び、小物類も同じ色合いで統一するのがおすすめです。

ベージュでも色合いが様々で肌の色や髪の毛の色との兼ね合いで、人によって似合う色が変わってくるので自分によく合った色みのベージュを選んでください。

もう少し爽やかに見せたいと感じている人は、思い切って白のスーツも良いと思います。白の良いところは顔うつりが良いために明るい雰囲気に見せてくれます。

全身を白にまとめるのには抵抗がある人は上半身に白をもってくると顔色が良く見えるのでおススメです。

ただ白は汚れが目立ちやすいので、清潔感が出せるように汚れには注意しましょう。

もうひとつのおススメカラーが淡いピンクです。明る過ぎるピンクは若づくりに見えてしまいますが、抑えた色味のものであれば40代でも大丈夫です。

そしてスーツの丈は膝が出ない程度か、膝が少し見える程度の長さにすると式典にふさわしい格好になります。

スポンサードリンク

最近ではパンツスーツも人気があるので脚を見せたくない人はパンツスタイルもいいでしょう。

他にはジャケットの丈や襟の形をよく見て、自分の体型にフィットしているものを選びましょう。

入学式のママスーツをレンタルする場合の注意点は?

入学式でママスーツを新調しても、その後着る機会がなさそうな時にはレンタルを利用するという方法もあります。

最近では6泊7日など長期間でのレンタルが同じ値段で行えるところも増えてきていて、当日に着てみたら似合わなかったという時にも時間に余裕があれば対応してもらえるようです。

また最大のデメリットは試着ができないということですが、実店舗が近くにあるところなら試着ができますし、郵送での試着サービスがある店もあります。

そういったところを選べば安心して申し込みができるでしょう。

スーツを借りる時の方法は簡単で、自分が着たいと思ったスーツが、入学式の日程の日に空いているかを確認してから申し込みを行います。

その時に覚えておかないといけないのは、必要なものはスーツだけではないということです。

靴やバッグなど小物類を一緒に借りるのか、別で買いそろえるのかを考えておきましょう。

そして、借りられる日にちは店によって違いがあるので、自分が必要だと感じている期間中しっかり借りられるかどうかを確認しておきます。

あとは式の数日前にスーツが届いたら実際に着てみて不具合がないかどうかを確かめ、必要があれば借りた店に連絡を取ります。

使い終わった後は、通常はクリーニングなどは必要ないので、手順通りに返却すれば終了です。

こういった簡単な方法でママスーツをレンタルすることができます。

中には流行りのデザインを取り入れているスーツもあるので、今だけ着たいという時にはピッタリです。

それに体型が変わってしまって着られなくなるということがないので、今の体型に合わせたスーツを着ることができます。

入学式がある時には、その前に卒業式がありますが、ふたつの式典で違ったスーツが着たいという場合にもママスーツのレンタルを使用すると、全く違ったスーツを着ることができます。

入学式は子どもが主役のイベントですが、ママも素敵なスーツで楽しめるといいですよね。


まとめ

卒業式はお子様のものだけじゃなく、家族の記念日にもなりますよね?家族全員でファッションを楽しむきっかけにもなります。

今回紹介させて頂いた内容が少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク