Windows7のサポートはいつまでなのでしょうか?また、Windows10パソコンへ買い替えたりアップグレードする際の注意点についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

Windows7のサポートはいつまで?

Windows7のサポートはズバリ2020年1月14日です。この期限を過ぎてしまうとマイクロソフト社よりアップデートは行われなくなり、Windows7が入っているパソコンはウイルス感染の危険性が増大します。

このような理由から、Windows7を現在使用されておられる方は2020年1月14日までにWindows10にアップグレードすることが必要になります。

Windows10へアップグレードする際の注意点は?

上記のような理由から、2020年1月14日までにWindows7からWindows10へアップグレードするのが望ましいのですが、事前に確認しておきたい点がいくつかあります。

現在Windows7を使用しているパソコンにWindows10をインストールして使用するつもりの方はパソコンのスペック(性能)がWindows10を使用するのに問題ないのかチェックする必要があります。

もし、十分なスペックが無い場合には、パソコンを新しいものに買い替える必要があります。

また、基本的なことですが現在利用しているフォルダやファイルなどはUSBや外付けハードディスクなどにバックアップしておく必要があります。

また、2020年1月14日まではマイクロソフト社からのアップデートがあるから、遅くともその日までにPCを買い替えれば安心だと考えている方もおられるかもしれません。

しかし、私が先日パソコンショップの店長から聞いた話では、今回のWindows7のサポート中止によるパソコン買い換えの需要は非常に高いらしく、出来ればサポート中止の1年前にパソコンを購入するのがお薦めだと言っていました。

スポンサーリンク

さらに、遅くともサポート中止の半年前までには買い替えた方が良いとのことでした。

その理由を聞いたところ、サポート満了の半年未満になるとWindows10内臓のパソコン及びパソコンのパーツの需要が急速に高まることで市場から消えてしまうというのです。

実際にその通りになるかは分かりませんが、買い替える必要がある方は最低でも半年前に準備しておいた方が安心できるのではないでしょうか?

そのようなアドバイスを参考にして私は先日にパソコンを買い替えました。

Windows7とインターフェイスは若干異なりますが、直感的に使用できますので、今までWindows7を使用されていた方なら問題なく使用できると思われます。

Windows10パソコンへ買い替えた際の注意点は?

Windows10を購入した際にパソコンショップの店長から聞いて驚いたことがあります。

Windows10はWindows7と異なり、個人情報を収集する機能が付いているらしいのです。

個人が入力した情報などをマイクロソフト社に自動で送信する機能が実装されているというのです。

それを防止するにはいろいろな方法があるらしいのですが、私はパソコン店長おすすめのSpybot Anti-Beaconというものを起動させて使用しました。

一度設定しておけば勝手に個人情報が送信されるのをブロックしてくれるので安心できます。

他にも個人情報の送信をブロックしてくれるツールが多数あるようなので、気になる方は「Windows10 個人情報 ブロック」などのキーワードで調べてみてください。

まとめ

今回はWindows10にアップグレードする場合やPCを買い替えする場合の注意点などについて紹介させて頂きました。

Windows7からWindows10へ買い替えやアップグレードされることを考えておられる方の少しでも参考になればと思います。

スポンサーリンク