4k対応のテレビが発売されてから結構時間が経ちますが、4k放送はいつから放送されるのでしょうか?

また、4k放送を見るにはどのような準備をすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

4k放送はいつから見れるの?

4k放送(新4k衛星放送)は2018年の12月1日から開始されます。

放送が開始されるのはBS放送が「NHKBS4K」、「BS日テレ4K」、「BS朝日4K」、「BS-TBS4K」、「BSテレ東4K」、「BSフジ4K」、「WOWOW」、「映画エンターテイメントチャンネル」、「SHOP4K」、「4KQVC」です。

CS放送では「J-SPORTS1」、「J-SPORTS2」、「J-SPORTS3」、「日本映画+時代劇4K」、「スターチャンネル」、「スカチャン1」、「スカチャン2」の放送が予定されています。

4k放送用のチューナーとアンテナが必要

4k対応テレビだけじゃ4k放送は見れない!

すでに4k対応テレビをお持ちの方でも別途4kチューナーを購入しなければ、4k放送を見ることは出来ないことに注意が必要です。

4k対応テレビは、4kチューナーを接続することで4k放送が見れるようになるテレビであり、単独では4k放送は見れないので注意が必要です。

また、4kチューナー内蔵テレビをお持ちの方でも、CS4k放送のみのチューナーだけしか内蔵されていない機種もありますので、BS放送用の4kチューナーも内蔵しているのか確認することが必要です。

4k放送を見るには4k放送用のアンテナが必要

「NHKBS4K」、「BS日テレ4K」、「BS朝日4K」、「BS-TBS4K」、「BSテレ東4K」、「BSフジ4K」の4k放送のみなら従来のアンテナでも見ることは可能です。

しかし、その他の「WOWOW」、「映画エンターテイメントチャンネル」、「SHOP4K」、「4KQVC」「J-SPORTS1」、「J-SPORTS2」、「J-SPORTS3」、「日本映画+時代劇4K」、「スターチャンネル」、「スカチャン1」、「スカチャン2」などは受信できない恐れがあります。

ご自宅のアンテナが4k放送に対応しているのか確認すること重要です。

スポンサーリンク

4k放送を見るには配線やブースターの交換も必要?

BSの「NHKBS4K」、「BS日テレ4K」、「BS朝日4K」、「BS-TBS4K」、「BSテレ東4K」、「BSフジ4K」などの4K放送は、従来のBS放送のチャンネルを使用するため、現在のアンテナや配線等はそのままで、引き続き使用できる可能性が高いです。

しかし、「WOWOW」、「映画エンターテイメントチャンネル」、「SHOP4K」、「4KQVC」「J-SPORTS1」、「J-SPORTS2」、「J-SPORTS3」、「日本映画+時代劇4K」、「スターチャンネル」、「スカチャン1」、「スカチャン2」を見るには、周波数が3224MHzまで対応しているものが必要になるので、それ以下の周波数用の同軸ケーブル、分配器、分波器、ブースターも4k対応機器へ交換する必要があります。

私の場合、ブースターはもともと使用しておりませんので、アンテナと分配器のみの交換で済むようです。

しかし、壁の内部にある同軸ケーブルなども交換しないと全ての4k放送は見れないようです。

そこで、電気店に見積もりをお願いする予定です。(結果は後日報告いたします。)

また、分配器を購入する際に、ひとつ注意点があります。

分配器には「1端子電流通過型」というものと「全端子電流通過型」というものがあります。

一台のテレビのみでBSやスカパーをご覧になっていない場合には、「1端子電流通過型」で大丈夫ですが、複数のテレビでBSやスカパーを楽しむ場合には「全端子電流通過型」が必要となりますので、この点だけは覚えておいてください。

なお、テレビが1台しか無い場合には、分配器は無いはずですので、アンテナのみの交換で足ります。

こちらも4kチューナー同様に、11月下旬以降、品薄になる可能性があるので、早めに入手した方が良いでしょう。

まとめ

4k放送用の専用チューナーは現時点(2018年9月)ではほとんど発売されていない状態です。発売は2018年11月に入ってからになります。

2018年の11月ともなると4k放送の本放送の1か月前となり、専用チューナーや専用アンテナの需要も高まり品薄状態になる恐れがあります。

4k放送を12月から楽しみたいと思われておられるのでしたら、専用チューナーなどは今のうちから予約しておくことをお薦めします。

スポンサーリンク